キアシシギ&メリケンキアシシギ( Grey-tailed Tattler & Wandering Tattler)

4/24-5/6にUSAのコロラドとアリゾナに探鳥にいってきました。一週間経ちますが現在、識別、整理中です。

その公開はもう少し時間をいただくとして、この時期に自宅近くに立ち寄ってくれるシギがいます。帰国後、昨日、初撮影でした。その結果報告です。1羽しかいませんでしたが今年も確認できました。

メリケンキアシシギ( Wandering Tattler)

こちらはその近くにいたキアシシギ( Grey-tailed Tattler )

一見しても色の濃さとか、腹の模様と模様が下腹部まであることの違いが分かりますが。典型的なメリケンキアシシギ( Wandering Tattler)よりも少し色が薄くないとか、腹に白いとこない?ほんとにメリケンキアシシギ( Wandering Tattler)でいいのいうことで鼻孔の溝の長さ比較をしてみました。

こちらメリケンキアシシギ( Wandering Tattler)、嘴の2/3くらい鼻孔の溝があるようにみえます。

キアシシギ( Grey-tailed Tattler )の方は1/2くらいでしょうか。

Black-capped Kingfisher他

最後に同行した方が見たかった日本のカワセミ。でも舳倉島くらいには稀に出る事があるくらいの珍鳥なんです。

私はタイのクラビのマングローブで見てますが、今回行ける場所にいるというので行きました。

その公園いたムクドリです。

Black-collared Starling (クビワムクドリ)

Black-capped Kingfisher(ヤマショウビン)

全部を紹介したとは言えませんが、これでカオヤイ編は終了です。

Pied Kingfisher

アユタヤでのターゲットバードは、今まで撮影できていないカワセミです。世界的にみれば普通種。でも、やはりブラインドがないと撮影できないのです。

常設ハイドのような場所からの撮影でした。結構臆病で人が見えると近寄ってこないし、少し動くと飛んでしまうので、あまり良いシーンを撮影できませんでした。

Pied Kingfisher(ヒメヤマセミ)