ウズラ

今日の葛西臨海公園での撮影です。

ウズラ

今まで、撮影したことなかったのでライファーです。が、1-2枚目2m以内に近寄っての撮影。動きも鈍だし、人間を嫌がったいたけど特に慌てて逃げるわけでもない。ウズラのイメージではない。まあ、ライファーだし決め手はないのでこれ以上の詮索は無用とします。

今週の撮影

既に、何もいないような状態については紹介済ですが。

一応撮影したので紹介します。タダのクイナ。私は、4回チェレンジしてもヒクイナは撮影出来ませんでした。

ザリガニを食べるんですね。写真を見てわかりました。

裏三番瀬のミミカイツブリは遠かったと記載したんですが、その時に丘にヨシガモとホオジロガモの♀が波打ち際まで上がってきていました。ヨシガモは良いとしてホオジロガモは何処か傷めていたのでしょうか。

 

ちょっと前の葛西臨海公園

暇だなあということで、3/24は、葛西臨海公園に行ってきました。何もいませんでしたが、ノスリがカラスに追われていました。

その上の池で、葛西に珍しく鴛鴦が入ってきたとのこと。確かにいましたが遠くて証拠写真程度です。800mmで超トリミングでこの程度写真ですから(まあ800mmと言ってもエセですが)

今行くと、干潮時間に丁度良いかもということで西渚に行ったのですが、もう既に飛んで来ていてエサ取りに夢中でした。30分ほど場所を変えて餌取りをしたあと飛んでいきました。もう3年連続なんで、別に普通のシーンはどうでもよいのですが、珍しいシーンとか飛翔シーンを撮影するのが目的。でも、飛ぶところを上手く撮影出来ませんでした。チョット気を抜いていたのが原因でした。一昨日にも行ったのですが、潮加減が悪く飛んで来ませんでした。やはり、大潮でないと西渚の東側先端まで引かないので飛んで来ないのでしょう。

浦三番瀬

今は、何処に出かけても何もいないシーズンなんで近場でお茶をにごしているのが一番。ということで、帰国後家の近くの海岸に4-5回に行っているのですが、やはりで、そんな珍しいのはいません。それでも、この越冬個体でヨーロパトウネンがいました。でも私はよくわからないのですが。一応特徴はでているとのこと。

こちらは先週土曜日の撮影で、遠くにいた個体が急に近づいてきたので撮影できたんですが、一番近づいた場面で、釣り人が歩いてきた。全く!!

今年、ミミカイツブリは冬羽は撮影済だったのですが、夏羽はまだでした。でも、100%夏羽ではないのでもう一度撮影をしに昨日いったのですが100m以上先にいたのは確認できたのですが、1時間半くらいいても全く近づく気配なしでした。