ミニ遠征で戸隠へ

夜中に自宅を出発し、早朝に戸隠へ

約1年ぶりの戸隠。ただオオヤマザクラは既に80%散ってしまっていた。水芭蕉も見ごろのピークを超えた時期で、大きく成りすぎて鳥が隠れてしまう。

アカハラ?(チョット白い薄い眉が気になるが)を水芭蕉と一緒に、本当はクロツグミを撮影したかったのだがしかたない。

今季はMFでの成果がイマイチだったので、綺麗なキビタキを期待していたのだが、あれ?MFのと同じで黒くない。撮影したけどアップする気にならない。ノジコを探すもこれまた探しだすことが出来なかった。アオジはいい声で鳴いていた。黄色の花と一緒に撮影

別の場所に行こうとして歩き出したあと、その場所を見ると皆さん一生懸命の撮影。サンショウクイだったので私も参戦

次回に続く

 

 

 

 

ノジコとアカゲラ

昨日に続き、今まで掲載し忘れた鳥を。今日も、雨で撮影にいけなかったので、在庫処分ですかね。撮影地は戸隠、アカショウビン撮影に行ったときに撮影したものです。

アカゲラ—営巣していたようですが、あまり上手く撮影出来ませんでしたが。

ノジコ–戸隠に数度行っているにもかかわらず、撮影していなかったのは何故?

日米ゴジュウカラ、コガラ、シロガオエボシガラ

戸隠で撮影していた、アカショウビン以外の鳥をアップしていなかったので、アリゾナの鳥と一緒に紹介してみる。

まず、戸隠のゴジュウカラ

これとそっくりなのが、ムナジロゴジュウカラ

ラムゼイキャニオンやサンタリタロッジのフィーダー近くに寄ってきていました。

サンタリタロッジの若い女性によればCuteな鳥

つぎは、戸隠のコガラ

枝どまりではないのが残念ですが、バックの抜けはいいです

アメリカのカラは、シロガオエボシガラ

撮影地はサンタ・リタ・ロッジ,2枚続けて

アカショウビン

今年も無理して行ってきました。行った前の週には100名とか200名のカメラマンが押寄せたとかで、マナー問題が浮上ちょっと、心配したのですが

巣は60mの距離あるというし、行ったら30名以上のカメラマンがいたので諦めて、狩り場と思われる場所にいました。そしたらその日一度だけ、キョロロロロの声,アカショウビン出てきてくれました。上の写真のように遠かったですが近づいてくれました

時間は短かったけど、良いポースも撮れました

当日、撮影できたのはここにいた人10名弱、とにかく運がよかったです。