Ohio 探鳥5日目 ハイライト(後編)

5/8のMagee Marsh終了後からの探鳥です。

このMageeMarshではキャノンのブースとかやっていてその場所に

Ruby-throated Hummingbird:ノドアカハチドリがいたんですが、ちょっと横向いていたときにフィーダーに来てしまって

そのインビテーショナルセンターでは、バードフェスのグッズを売っていていたので、ガイドが連れて行ってきました。ガイドとしては、地元に少しでも貢献してねといったとこかな。

そこには、こんな燕の巣がありました。まあ写真にはならないけど記録ですね。

Purple Martin:ムラサキツバメ

ヒガシアメリカオオコノハズクを探しにマウミーベイ州立公園へ

目的の鳥はガイドが居場所を聞き出してくれて、そこまで一直線に

Eastern Screech owl:ヒガシアメリカオオコノハズク

以下、この公園で撮影できた鳥を紹介します。

Common Yellowthroat:カオグロアメリカムシクイ

珍しく♀です。

Marsh Wren:ハシナガヌマミソサザイ

普段、葦の中にいて撮影は困難を極める鳥です。

そして最後、帰りがけにこの鳥のペアを発見。

Wood Duck:アメリカオシ

Shyなんかかなこの鳥は?

この鳥を撮影し終わったら午後7時くらいになってました。まあ、サマータイムなんで明るいのです。そんなんで、その公園で夕食となりました。

Ohio 探鳥5日目 ハイライト(前編)

5/8は、アメリカ中のトリキチが集まるMagee Marshのボードウォークに早朝からいきました。その後、ヒガシアメリカオオコノハズクを探しにマウミーベイ州立公園。ということで、当日の移動は、タイムラインでは下記のようになりました。

このMageeMarshでは、全米のバードフェスティバルをやっていて、人出が2千人以上となっていました。ボードウォークの入り口と、駐車場の様子です。

さすがに、バードフェスをやっている場所なんで、まさに渡りの鳥の最盛期と重なっていて、結構な種類のアメリカムシクイの」撮影することができました。

そこには、ムシクイだけでなく、Bald Eagel:ハクトウワシが営巣していました。今回、確り見たかった鳥なので嬉しかったです。

ここからは、ボードウォークでの撮影です。今まで紹介していないムシクイを優先で。

Tennessee Warblert:マミジロアメリカムシク

Nashville Warbler:ズアカアメリカムシクイ

Chestnut-sided Warbler:ワキチャアメリカムシクイ

Cerulean Warbler:ミズイロアメリカムシクイ

Bay-breasted Warbler:クリイロアメリカムシクイ

なんか、これはツグミのようなんですが、Warblerということになっているんですね。

Northern Waterthrush:キタミズツグミ

この方が、Warblerに近いようです。キクイタダキなのに、頭の黄色がイマイチでていないようですね。

Golden-crowned Kinglet:アメリカキクイタダキ

もっと探すのが難しいかと思っていましたが、いったら既に皆さんが撮影していたので楽して撮影させていただきました。

American Woodcock:アメリカヤマシギ

他にもいろいろ撮影していますがこれで、ボードウォークでの撮影を終了して後編に持ち越しとします。

Ohio探鳥 四日目 ハイライト

5/7日は、早朝に昨日訪問したVoice of Americaの草原のような場所で昨日探すことができなかったBlue Grossbeack(ルリイカル?)を撮影に。

しかし、2時間くらい探してもみあたらず、

その時撮影できたのは、

Tree Swallow: ミドリツバメ

Savannah Sparrow:サバンナシトド

Common Yellowthroat:カオグロアメリカムシクイ

他にもすこしは撮影できたけど、結局、目的の鳥は出てきませんでした。

ということで、ここでOhio南部の探鳥は終了し、エリー湖湖畔での探鳥に向かいました。ドライブ時間は昼食含めると4時間以上でした。

ここでずーと宿泊してきたKirk Wood Inn  とその日から宿泊したPort ClintonのBestWesternの宿の写真を載せておきます。

一旦モーテルにチェックインしてから、その近くのEast Harbor State Parkという場所で探鳥でした。エリー湖の湖面と標高がほぼ同じなので、トレッキングルート水没していて、長靴を履いてもなかなか大変は場所でした。

Magnolia Warbler:シロオビアメリカムシクイ

Ruby-crowned Kinglet:ルビーキクイタダキ 残念なことに♀でした。

Black-throated Green Warbler:ノドグロミドリアメリカムシクイ

最後にその湖の湖畔で、America Herlling Gull :アメリカセグロガモが交尾をしていました。