Western Treatment Plant No3

引き続きWestern Treatment Plant の撮影からです。

今回はシギチを。

なんだ、ハマシギじゃないのと思うとオーストラリアでは間違いです。オーストラリアでは、ハマシギはレアなんです。

ハマシギとみえるのは全てサルハマシギ;Curlew Sandpipers

あとここで多いのは、Sharp-tailed Sandpiper;ウズラシギ

broadbilled sandpiper:キリアイもいますね。

日本ではみられないシギですが

Redkneed Dotterel ;ワキアカチドリ

他には、Red-capped Plover;アカエリシロチロリもいたんですが遠かったですね。アリススプリングスで見ているのでそこで紹介します。

 

Western Treatment Plant No2

前回の続きでWestern Treatment Plantを。

今回は水鳥(カモを中心に)を紹介しておきます。

Chestnut Teal;アオクビコガモ

Australian Shelduck;クビワアカツクシガモ

Australian Shelduck;クビワアカツクシガモの雌雄とhardhead;オーストラリアメジロガモ

hardhead;オーストラリアメジロガモ

手前はカイツブリですが同定が?

Pink-eared Duck;サザナミオオハシガモ 嘴は変なカモですね!!

Red-necked Avocet;アカガシラソリハシセイタカシギ 日本のより小型だし、遠かった!!

Black Swan;コクチョウ 飛ぶと白い羽が見えるって初めて知りました。

他には、Musk Duck(ニオイガモ)、Bluebilled Duck(オーストラリアオタテガモガモ)もいるにはいたんですが、遠い、暗いで写真は無理でした。

 

Western Treatment Plant No1

ウォドンガの町の宿で2泊後、早朝にWestern Treatment Plant (メルボルンの西汚水処理場)で探鳥しました。

ここに入るには、道路のあちこちにある門の鍵を借りてくる必要があります。それには、別の場所にある動物園のインフォメーションに行く必要があります。その営業時間が平日の8時半?だったので、それまでその近くの公園で探鳥にしましたが、全くの期待外れでした。

そのインフォでは、毒蛇がいるから気をつけてとか、ガスが出たらとか、緊急連絡は、あと鍵の返却時間とかの注意がありました。それに加えて、場所の地図、バードリストなどの書類をいただきました。

想像以上に広大な敷地なんで半日で済まそうと思っていたのですが、1日掛けても足りないほどでした。英語ですがこんなバードヲッチングのサイトがありました

施設の地図を載せておきます。

見ての通り、水鳥主体の探鳥となりますが生憎の雲空で水鳥の写真はイマイチでした。

水鳥以外にも撮影していますので、今回は猛禽を紹介しておきます。

Black-shouldered Kite;オーストラリアカタグロトビ

私的には好きな鳥なんで4枚紹介しておきます。

Swamp Harrier;ミナミチュウヒ

Brown Falcon;チャイロハヤブサ 既に難度も紹介していますがここにもいました。

猛禽ではないけど、百羽くらい群れでいました。

Whiskered Tern;クロハラアジサシ

 

ウォドンガの町の公園

メルボルン・アリススプリングスの探鳥記が中途半端になってしまったので再会してみます。

ウォドンガの町の宿は、街の外れにあったのですが、そこから来るまで数分の場所に街の公園がありました。

オーストラリアでは、市内の公園の方が普通種のインコ、オウムが見やすいことは経験上わかっていたのですが、ここでもそうでした。特別な鳥はいませんでしたが鳥との距離が近かったです。

上空の近い距離でWhistling Kite:フエナキトビが輪を描くように悠然と飛んでいました。

Collared Sparrowhawk;アカエリツミ も一瞬でしたが上空を飛んでいきました。

苦労して探したEastern Rosella;ナナクサインコ のYellow バージョンもここに普通にいました。ただ夕方で光が、また良くなかったですね。

Red-rumped Parrot;ビセイインコ も数羽いました。最初ここに来ればと思わないわけではないのですが、ターゲットバードはここでは撮影出来ないので仕方ないですね。

Blue-faced Honeyeater;アオツラミススイ、これ大型のミツスイです。25-32cm

White-faced Heron;カオジロサギ 3回目の出会いでしたが、今回が一番ちかかったです。

他にも、普通種ですが、ライファーになるのもいました。

結局、regent honeyeater;キガオミツスイは今回は見つかりませんでした。絶滅危惧種なんで見つけることは相当の運がないと駄目なんでしょうね。

これでChiltern の探鳥を終え、翌日早朝にメルボルンにトンボ返りです。