Ohio 探鳥 番外編

5/9に探鳥は終了したのですが、最終の宿泊地がクリーブランドだったので、2日間延長してナイアガラの滝にドライブで行ってきました。

5/10-クリーブランド・・・ナイアガラ(カナダ)泊 5/11ドライブでデトロイトへ

ナイアガラは、街が観光地化していて興ざめな場所が沢山ありましたが、滝の水量は物凄くこれは迫力あり、ボートツアー、滝の流れ口からの眺めなどを堪能してきました。

ナイアガラは、クロワカモメのコロニーになっていて、ビックリするほどのかもめ  が営巣?していました。なので、滝とかもめという絡みで良い写真が撮影できないかなということで翌日の朝、撮影してみたんですが、これはなかなか上手くいきませんでした。

前日に、ナイアガラの近くに探鳥地はないものかと調べていたら、デトロイトに向かう途中にちょっと寄り道すればポイント・ペリー国立公園という場所があるというので行きましたが、当日は、10度以下の曇りから小雨という最悪のコンディションんで1時間半ほど探鳥しましたが、3種類のアメリカムシクイと多分Song Sparrowが見られた程度でしたが、このコンディションで3種なんで、多分条件が良ければ良い探鳥地なんだろうという印象でした。

以上の記録を写真で紹介してみます。

Ohio 探鳥最終編 ハイライト

5/9最終日の記録です。ドライブの記録は以下の通り。朝、Magee Marshのある公園近く(同一の公園かも?)オタワ自然保護区でシギチの観察後、シロフクロウを撮影、最後に宿近くのEast Harbor State Parkに行って、クリーブランドのハンプトンインまでロングドライブでチェックインし、ガイドと最後のディナー。

早朝のシギチの紹介から

Trumpeter Swan:ナキハクチョウ

そのインビテーショナルセンターでは、バードフェスのグッズを売っていていたので、ガイドが連れて行ってきました。ガイドとしては、地元に少しでも貢献してねといったとこかな。

そこには、こんな燕の巣がありました。まあ写真にはならないけど記録ですね。

Greater Yellowlegs:オオキアシシギ

Lesser Yellowlegs:コキアシシギ

他には、Dunlin:ハマシギやLeast Sandpiper:アメリカヒバリシギやBlack-winged Stilt:アメリカセイタカシギが。他にも

Semipalmated Plover:ミズカキチドリが数羽。渡りの途中で

その後、2種のカイツブリを撮影して、また近くの場所でアメリカムシクイを探しました。

Cape May Warbler:ホオアカアメリカムシクイ

Black-throated Blue Warbler:ノドグロルリアメリカムシクイ

Northern Parula:アサギアメリカムシクイ

そして最後のアメリカムシクイとなった

Hooded Warbler :クロズキンアメリカムシクイ

このムシクイの撮影は苦労した、たまたまだけど、枝被りの場所ばかりに出てきて、やっとこMFで撮影できた。

Snowy Owl:シロフクロウ

本当にこんな時期にいるのと思ったけど、ここだけではなく2日後のカナダでもみました。農場にいたのですが、その持ち主がそこの庭に20分だけという条件でバーダーの車の停車を許していました。

最後にチェックアウトの後East Harbor State Parkに行っての探鳥。

Brown Thrashers:チャイロツグミモドキ

White-crowned Sparrow:ミヤマシトド

クリーブランドまで2時間かかるので、4時くらいで今回の探鳥は終了となりました。

Ohio 探鳥5日目 ハイライト(後編)

5/8のMagee Marsh終了後からの探鳥です。

このMageeMarshではキャノンのブースとかやっていてその場所に

Ruby-throated Hummingbird:ノドアカハチドリがいたんですが、ちょっと横向いていたときにフィーダーに来てしまって

そのインビテーショナルセンターでは、バードフェスのグッズを売っていていたので、ガイドが連れて行ってきました。ガイドとしては、地元に少しでも貢献してねといったとこかな。

そこには、こんな燕の巣がありました。まあ写真にはならないけど記録ですね。

Purple Martin:ムラサキツバメ

ヒガシアメリカオオコノハズクを探しにマウミーベイ州立公園へ

目的の鳥はガイドが居場所を聞き出してくれて、そこまで一直線に

Eastern Screech owl:ヒガシアメリカオオコノハズク

以下、この公園で撮影できた鳥を紹介します。

Common Yellowthroat:カオグロアメリカムシクイ

珍しく♀です。

Marsh Wren:ハシナガヌマミソサザイ

普段、葦の中にいて撮影は困難を極める鳥です。

そして最後、帰りがけにこの鳥のペアを発見。

Wood Duck:アメリカオシ

Shyなんかかなこの鳥は?

この鳥を撮影し終わったら午後7時くらいになってました。まあ、サマータイムなんで明るいのです。そんなんで、その公園で夕食となりました。

Ohio 探鳥5日目 ハイライト(前編)

5/8は、アメリカ中のトリキチが集まるMagee Marshのボードウォークに早朝からいきました。その後、ヒガシアメリカオオコノハズクを探しにマウミーベイ州立公園。ということで、当日の移動は、タイムラインでは下記のようになりました。

このMageeMarshでは、全米のバードフェスティバルをやっていて、人出が2千人以上となっていました。ボードウォークの入り口と、駐車場の様子です。

さすがに、バードフェスをやっている場所なんで、まさに渡りの鳥の最盛期と重なっていて、結構な種類のアメリカムシクイの」撮影することができました。

そこには、ムシクイだけでなく、Bald Eagel:ハクトウワシが営巣していました。今回、確り見たかった鳥なので嬉しかったです。

ここからは、ボードウォークでの撮影です。今まで紹介していないムシクイを優先で。

Tennessee Warblert:マミジロアメリカムシク

Nashville Warbler:ズアカアメリカムシクイ

Chestnut-sided Warbler:ワキチャアメリカムシクイ

Cerulean Warbler:ミズイロアメリカムシクイ

Bay-breasted Warbler:クリイロアメリカムシクイ

なんか、これはツグミのようなんですが、Warblerということになっているんですね。

Northern Waterthrush:キタミズツグミ

この方が、Warblerに近いようです。キクイタダキなのに、頭の黄色がイマイチでていないようですね。

Golden-crowned Kinglet:アメリカキクイタダキ

もっと探すのが難しいかと思っていましたが、いったら既に皆さんが撮影していたので楽して撮影させていただきました。

American Woodcock:アメリカヤマシギ

他にもいろいろ撮影していますがこれで、ボードウォークでの撮影を終了して後編に持ち越しとします。