浦三番瀬

今は、何処に出かけても何もいないシーズンなんで近場でお茶をにごしているのが一番。ということで、帰国後家の近くの海岸に4-5回に行っているのですが、やはりで、そんな珍しいのはいません。それでも、この越冬個体でヨーロパトウネンがいました。でも私はよくわからないのですが。一応特徴はでているとのこと。

こちらは先週土曜日の撮影で、遠くにいた個体が急に近づいてきたので撮影できたんですが、一番近づいた場面で、釣り人が歩いてきた。全く!!

今年、ミミカイツブリは冬羽は撮影済だったのですが、夏羽はまだでした。でも、100%夏羽ではないのでもう一度撮影をしに昨日いったのですが100m以上先にいたのは確認できたのですが、1時間半くらいいても全く近づく気配なしでした。

メリケンキアシシギ

今年もこなかなと思ってGW後半から探していたのですが、それらしい個体が入ったという情報があったので今日も行ってきました。

少し色が薄い個体なんですが、これかなということで載せておきます。

small1736

 

これはGW後半に撮影した普通のキアシシギ。

small1744

 

他には、キョジョシギとか、ハマシギ、ミユビシギ、イソシギ、チュウシャクシギがいました。チュウシャクシギだけ載っけておきます。

small1746

 

今日の浦三番瀬

三連休だったのですが特に何処に行くでもなく自宅でブラブラしてました。それでも少し鳥を見てこようと自宅近くの海岸で行ってきました。
風もなくベタ凪でした。

今年は、ビロードキンクロは入っていないので、ターゲットとなる鳥もいません。ヒドリガモ、スズガモを撮影しても・・・・ということで

カンムリカイツブリ( Great Crested Grebe )


最近多いのですね。

ホオジロガモ(Common Goldeneye)♀

♀2羽いたけど♂がいない。
風もなくベタ凪、日光も順光で、海の色がほんと綺麗でした。

これも♀ですが
ウミアイサ(Red-breasted Merganser )

 

ミミカイツブリ(Slavonian grebe )

鳥が海面に写って色々な模様になっていました。

久しぶりに三番瀬に

三番瀬で機材を試す

Benroの三脚とUniqBall UBH 45を持ってぶっつけ本番で海外にもっていくのはリスクだなと思い三番瀬に行ってきた。

1か月以上、撮影にいっていない。珍鳥撮影というのも考えたが、出が悪く人いっぱいではお試しにならない。

ま予想通りではあるが普通主種ばかり

ミヤコドリ:英名 Oystercatcher

ダイゼン:英名 Grey Plover 

オオソリハシシギ:英名 Bar-tailed Godwit

オバシギ:英名 Great Knot 

トウネン:英名 Red-necked Stint 

風景とヘリ 

使ってみての感想。まあ、動きはスムース。ヘリを見て分かる通りまあ、よほど頭上を飛ばなければ大丈夫ということで。まあ、使える。重さはさほど今までと変わらないが、軽く感じるのは、雲台より上の重さが軽くなったからかな。

それと、三番瀬で、蓮の形をした脚を使ってみましたが、それほどぬかるんでなかったので本当はまだ良く分からないけど、普通の脚よりは沈まないようです。