また三番瀬に

23日の土曜日。朝三番瀬に行ってきました。

今回行ったら、やはり、網の中には入れませんでした。網の手前側には降りてきてくれないので、今回も6時半前に行っても、撮影開始は8時少し前くらいからになりました。

今回も特別な鳥はいませんでした。網越しの写真となるのですが、遠くを撮影するので、網は写ることはないのですが、近寄れないのです。

ミヤコドリ(Oyster catcher)は、冬鳥ですが、かなり数が留鳥化しているようです。


ダイゼン(Grey plover)も、夏羽にはまだのようですが、黒いのを選んで撮影してみました。

オオソリハシシギ(Marbled Godwit)は、私の好きな鳥ですが、かなりオレンジになっている個体もみかけられましたが、いかんせん、近寄れないので遠かったですね。

メダイチドリ(Lesser Sand Plover)はもう、すっかり夏羽という装いでした。オオメダイチドリが(Greater Sand Plover)いなかなと思ってみているのですが、春にはみたことがありません。
ありきたりのキョウジョシギ(Ruddy Turnstone)
同じくありきたりのミユビシギ(Sanderling )
他には、シロチドリ、ハマシギ、セグロカモメ、コアジサシといった顔ぶれでした。

三番瀬

先週の土曜日も、撮影には行っています。昨年、秋以来の三番瀬に。満潮が6時過ぎだったのでゆっくり家を出て8時前に到着しましたが、まだ、鳥は干潟に降りておらず、杭の上に止まって様子見。

やはり、潮干狩りの客も多いので海岸にちかい干潟には降りてくれません。9時前になって、網の向こう側の干潟にやっと降りてくれました。まだ、有料潮干狩りになっていないせいか、陸側の事務所の工事をやっていたので、今年は、有料潮干狩りはやらないのか?なんかわかりませんが、網に向こうに入って撮影できました。

シギチも渡りの初旬なので、まあ、普通種しかいませんでした。

オオソリハシシギ(Bar-tailed Godwit )

ダイゼン(Grey plover)まだ黒くないですね。

メダイチドリ(Mongolian Plover )

浦三番瀬

撮影は先週のものです。昨日の自宅近くの海を周遊したのですが、ヒドリガモ、スズガモ、オオバンなどなど、数も少なくなっていたし、先週撮影したミミカイツブリもいないので、1度もシャッターを切らずに帰ってきました。
先週の撮影では、完全夏羽までもう少しかなと思って今週に期待していたのですが。こればかりは仕方ないですね。
Horned Grebe(ミミカイツブリ)


他にいた鳥も
Great Crested Grebe (カンムリカイツブリ)
Little Ringed Plover(コチドリ)

浦三番瀬

日曜日に、身近な海岸に行きましたが、まあ、駄目でした。予想通りではあるのですが。
バーダーの、宿敵、ウインドサーフィンをやったようで、鴨は遠くに行ってしまったのです。
そんな中、いたのが、ミミカイツブリ。今年は当たり年で3羽もいました。

後は、ホオジロガモ、雌くらいでした。と書いたけど、♂幼鳥かな?まあ、こんナモノデショウ(p^-^)p