ハイイロモリツバメ :Ashy Woodswallow

その場所には、普通種しかいなくて。というか、ガイドが普通種だというし、沢山群れでいた鳥が2種いました。と言っても近くでは撮影出来ませんでした。その1種。枝に止まっていたのですが、一斉に飛んだので飛びものだけの撮影でした。でも、綺麗には撮影できなくて、何とかその鳥と分かる程度です。

 

 

カザリオウチュウ:Greater-racket tailed drongo

滝見物のあと、今回最後の探鳥地のインコの里のような場所に。その村をそれを売りにしているようで、看板もでているようでした。でも1羽も観られませんでした。ガイドは、いる時は花の咲いている木にズラット並んでいるそうなんです。本当かな、そんなの観てみたかった。

その時でてきたのが、この鳥。遠かったけど綺麗に撮れました。

オオルリチョウ (大瑠璃鳥) :Blue Whistling Thrush

カレン族の村から更に山を下って、ガイドと滝(Wachirathan waterfall)を観にいきました。エンビシキショウもいるにはいるらしいのですが、観光ポイントなので観光客がいるのでまずお目にかかれないと言うことのようです。このオオルリチョウはそんなの関係ないという感じで歩いてました。この鳥も2度目?ランカウイでも?3度目かな?

大型のツグミで、嘴は黒い種もいるようです。