least tern

Avocetを撮影した後に、可也の距離を走って、この鳥の撮影に行ってきました。

行ったのが2時だったんで、日照ガンガン。色がわからない!なんで識別が難しい。飛びものを見てもさっぱり分からんし。あとで画像みてもやはりいなかった。

今日は出てこないかなと思って1時間半。すると、手すりに3回ほど止まったアジサシがいた。でもね、昨年撮影した印象が強く初列の黒が広くない(昨年は3枚目まで黒かった)。

足は、短足で色が黄色。でも初列が・・・ということで撮影した日は違うのかと思っていたのですが。最大の識別ポイントの腰から尾が灰色か分からんかった

写真は良くないが、飛び出しをたまたま知り合いが撮影していて、腰から尾が灰色なのが判明した。なので、3回泊まった内少なくとも初回のはアメリカンなやつできまり(1枚目)。2枚目以降も自分で写したやつは尾が白っぽいけで灰色が確認できる気がする。

アメリカコジサシ

ソリハシセイタカシギ

ソリハシセイタカシギ. 英名. Pied Avocet

ミンナダオに行く前から知っていましたが、行きそびれてしまったのでまあいいや~状態でした。

でも、まだいるというので、行ってきました。鳥との距離は近いし、水鏡のようになっているし、モノクロムの鳥に対し周りに色があるので撮影環境としては3年ほど前に霞ケ浦で撮影した時よりずっと良かったです。

ムシクイ

最近、国内で撮影していのではなく、殆ど紹介できるものがないのです(汗

全くないのではないので、それを紹介しておきます。地味な奴らですが。

センダイムシクイ

5/3撮影

warbler2180

warbler2182

 

その時、エゾムシクイの声を聞いたように感じてすっかりその気になっていたのですが、よく写真をチェックしていたら頭央線のあるのが見つかった(汗

本当にいい加減だわ!!!

メボソムシクイ

warbler2184

warbler2185

流石にこの時はしきりに鳴いていたので間違いありません。5/27撮影

コゲラ

5/3撮影

warbler2183

 

メリケンキアシシギ

今年もこなかなと思ってGW後半から探していたのですが、それらしい個体が入ったという情報があったので今日も行ってきました。

少し色が薄い個体なんですが、これかなということで載せておきます。

small1736

 

これはGW後半に撮影した普通のキアシシギ。

small1744

 

他には、キョジョシギとか、ハマシギ、ミユビシギ、イソシギ、チュウシャクシギがいました。チュウシャクシギだけ載っけておきます。

small1746

 

GWの稲敷

GW初日、特に行く場所もなかったけど、知り合いからどこか行くかと?でも、どこも
混んでいて渋滞でしょ。ということで、関東自動車道方面の稲敷に。
昨年から牛舎前は蓮田ではなく草むらになっていた。その付近ではキジしかいなかった。(掲載のキジは浮島の近くなので別の個体)
その近辺を探すも、本新は全くのだめ、橋を渡って浮島から西中学辺りの田んぼを流すと
ムナグロとキョウジョシギだけは沢山いた。
普通種なので撮影しても何の面白みもないので車のブラインド効果を使って近寄ってくるのを
待って撮影したがそれほど近いとはいえなかった。
 
西の洲は何もいないと言われたが、アチコチ探すとトウネンだけは20羽くらいいた。なんか混じってないかとさがしても、ピュアなトウネンだけであった。
他には、チュウシャクシギ3羽、タシギ1羽。なんと寂しい稲敷。これじゃ鳥屋も集まらんな。