Raffles’s Malkoha; クリイロバンケンモドキ

Way Kambasでも撮影した鳥ですが。その時は♀だけしか撮影出来なかったのですが今回は♂も撮影できました。何度も何度も出てきたのですが、なかなか抜けのいい場所には出てきませんでした。

ピン甘ですが

こちらは、♀です。

枯れ木に止まった鳥達

直前のラケットオウチュウが止まった木に、モモグロヒメハヤブサBlack-thighed falconet、キュウカンチョウcommon hill myna がその前に止まっていましたので、紹介。

といっても空抜けで、まあ駄目写真でしょうね。

モモグロヒメハヤブサBlack-thighed falconet、

これまた超トリミングで飛びもの。なんたって20cmもないハヤブサなんですから。

キュウカンチョウcommon hill myna 。何故か、まだまともな写真がありません。

 

greater tailed racket drongo;カザリオウチュウ

ボタニックガーデンでも撮影していますが、飛びものは他でも撮影したことありませんでした。枯れ木に群れで止まっていて、何度もフライキャッチングをしていました。こんな場面めったにお目にかかれませんようね。。

しかし、ジャングルなので、抜ける場所が狭い。なかなかフォーカスがあいませんでした。また、曇っていたので色が出ていません。

 

Red-bearded Bee-eater;ムネアカハチクイ

これまでに、3度お目に掛かっているハチクイなんですが、森林性のハチクイなので、そう簡単ではないはずなんですが。特に今回は、営巣準備をしていたペアだったから凄い運です。

この鳥の雄は嘴の上部からピンク色、雌は赤からピンク色にと覚えたんですが、この2羽よく分からない。

ノートリで風景風に撮影してみました。