Chestnut-crowned Warbler;クリガシラモリムシクイ

Sunda wabler:スンダモリムシクイを最初、Chestnut-crowned Warbler;クリガシラモリムシクイと間違えたのですが、Tapn Roadで撮影した中に、この写真が1枚だけ写ってました。頭の筋が見えないし頭の茶色がイマイチ出ていないのですが、Chestnut-crowned Warbler;クリガシラモリムシクイだと思われます。

 

Tapan roadの他の鳥

全く良くない写真ばかりだ集めて紹介してみます。

Pacific Swallow;リュウキュウツバメ。Tapan Roadの端の方?にあった部落の河川にいました。ちと遠い。

White-throated Fantail;ノドジロオウギビタキ

.Green-billed Malkoha;.オニクロバンケンモドキ

 

Graceful Pitta:スマトラヤイロチョウ

これも固有種。今回の探鳥は半分はこの鳥を狙いに行ったと言ってもいいくらいです。なので、この鳥を撮影できて良かったです。シンガポールのガイドはeasyと言ってましたが、そうは言ってもヤイロチョウ。普通の鳥のように道路脇の木の枝に止まっている訳ではないのです。

道から、ブッシュの中をかき分けて、見通し良くない木の中の草むらでの撮影になります。今回は、そこに居るのがわかった段階で、撮影できるような場所をガイドが作っておびき出したわけですが、そんなことして大丈夫かなとも思ったのですが、危惧に終わりました。整地した場所に虫がいるのかと思ってか、好奇心で出てきたようです。

最短を切りそうな場所でした。

 

Sumatran Leafbird;スマトラコノハドリ

スマトラということで固有種のようですが。昨年Way Kambasで撮影したのは、Blue-Winged Leafbird アオバネコノハドリ ということで紹介しています。Split したのでしょうか?よく判りませんが、今回同行させていただきた方からのリストによることとしました。顔の黄色は確り撮影できているのですが、羽の青色がイマイチ撮影できていません。