紛らわしい日本の鳥

Asian Brown flycatcher,コサメビタキを東南アジアで見かけても、ガイド基本的には無視。で私もほとんど撮影しないのであるが、一応パチリとはやってみることもある。

今回もそれをやっていたのであるが、何か違う。胸が汚れている。言われて気づくいいかげんさ。

コサメビタキとサメビタキの違いをネットで調べると、胸の模様以外に嘴と背の模様の違いというのがあった。背の写真は今回ないので、腹と嘴でみてみた。

Asian Brown Flycatcher;コサメビタキ

腹白い(これは当然)、嘴を裏から見ると先の方だけ黒い

一方 Dark-sided Flycatcher,サメビタキ

腹は汚れたような黒い部分が、嘴、少し角度が違うがコサメとは違い、真ん中くらいから黒いし、形がチョットちがうかな?

Bar-winged Flycatcher-shrike;ヒタキサンショウクイ

この鳥も、何度か撮影していて、今回のは、腹打ち写真で、良くないのですが、これも証拠写真ということです。歩きながらの探鳥でも、食堂近くでも撮影できましたが両方とも駄目写真でした。

英名直訳だと、ヒタキモズになってしまうけど、日本名は、サンショウクイに似ているからなんでしょうね?

ということで、地味な鳥です。

で2枚の写真を掲載したのですが、FpbirdさんのBlogに1の方はCommon woodshrike(モズサンショウクイ)との指摘がFcさんから。私もそれを見てよく見なおしてみました。確かにBar-winged Flycatcherの方は黒い頭との境が白い帯があるのですが、Common Wood shrike の方はそれがない。背中の模様が分かればいいのですが腹打ちショットでしたので。それもあって、色がよく分からなくより黒く見えているということもあるのですが。(この段を追加したのですが、まだ自信ない。)また、持っている図鑑がこの種の鳥のイラストが酷いのです(と図鑑のせいにしたりして(*´▽`*)ゞ らじゃ♪)

White-throated needle-tailed swift;ハリオアマツバメ

Banded Kingfisher は最初、証拠写真レベルでしたが、その時上空をこんな素早いやつが飛んでいました。

とても早く手におえません。何とか形だけの証拠写真。撮れているようでピンが来ていない。和名、英名ともに姿を表しているので両方記憶していくのが良いかな。

Vernal Hanging Parrot, ミドリサトウチョウ

Banded Kingfisher は最初、証拠写真レベルでしたが、一度、固有種のチメドリ探しに行って(これは失敗)、再度リベンジして、既に紹介した写真は撮影できたわけですが、高い枝にこの鳥が止まっていました。、これも遠かったし、空抜け、まあ、このころには青空になってはいましたが。

この鳥は、群れで動き回っていましたが、なかなか近くには出てきませんでした。

Asy Minivet;サンショウクイ

Banded Kingfisherのポイント近くは、竹藪が有るのですが、其処にいたのがこの鳥、でも空抜け。

早く夏鳥に会えて良かったということです。でも、地味ですね!

日本では、そう思わないのですが、。

前の記事をコピペしたままアップしてしまいました。慌てて修正します。申し訳ありません。