餌付け場その2

その次に行ったのは、緑の長い葉?(サトウキビを葉ばかりにしたような)で囲まれた餌付け場。

White-gorgeted Flycatcher:ノドジロヒタキ

Doi inthanon で撮影済の鳥でした

Slaty-blue Flycatcher:カオグロヒタキ


Chestnut-capped Laughingthrush:チャガシラガビチョウ

なんか撮影したような?フレーザーヒルズで撮影したのと同種か?


Rufous-bellied Niltava:コチャバラオオルリ

タイワンのチャバラオオルリそっくりさん。ただし、撮影しずらい個体で、ジットしていない。本当に撮影に苦労した。

餌付け場その1

国境の探鳥地から(といっても全て国境近くだけど)、餌付けばその1に行きました。
Doi san ju は、ほんとうに餌付け場が多いんですね。なんで、まあ、そこで撮影した鳥は鳥との距離がちかいんですね。
Gray Bushchat:ヤマザキヒタキ。ここでも登場。ここが一番近かったので載せておきます。

Hill Prinia、ノドグロウチワドリ、ウチハドリとしては大型だとおもいます(15-20cm)

餌付け場ということとは関係なくでてくると鳥ですが、Flavescent Bulbul:カオジロヒヨドリ

お堀のカモメ

お堀には今季3回通ったのですが、1度目は、カナダカモメくらいだけ。2回目は全く駄目。

今回はアイスランドカモメが撮影出来たのでアップしてみました。

もう春分の日を控えて今季はこれが最後かなと思って行きました。でもね、カモメって本当に苦手なんですよね。カモメは大型カモメ、中型カモメ、小型カモメの3種くらいにして欲しい。知り合いが行くというので、それならということでした。

シロカモメ

1Wくらいとのこと。

オオセグロカモメ

セグロカモメは多いんですがね。オオがつくのは意外といないんです。

アイスランドカモメ

2Wとのことで。大きさ的には中型カモメの分類に入るかな。セグロカモメよりはかなり小さいです。昨年から来ているし、今回撮影出来なかったけど成鳥もいるので来年は、もっと確り撮影できるかな?

間違って撮影したただカモメ↓

こちらアイスランド↓ 初列風切の色が薄い? ほんとよくわからん。

カナダカモメ

セグロカモメよりやや小ぶりですが、よく分からん。頭の班が濃いですかね。

羽広げたら、裏が真っ白で私でもそれとなくわかる。

私と同じく短足なんでえすが、お堀ではこれは止まっていないので分からんのです。

 

 

ミャンマー国境での探鳥

キジのポイントを後にして、もう忘れてしまったがガイドが知り合いに何か営巣しているので行こうということ。
それで行ったのがミャンマーとの国境の尾根伝いの場所。タイの国境のゲートも超えていた。

(500mmで撮影したので、旗しか写らず。まあ、そんな距離でした)
でも、結局営巣地見つからず。
出てきたのは、scarlet minivet,
yellow-browed wabler ,flavescent bulbul,Black-backed Sibia
,spectacled barwing,見ただけだけどred-faced liocichlaも
結局撮影できたのは、前に撮影した鳥ばかりであった。red-faced liocichlaを撮影したかったな。