クロエリヒタキ(Black-naped Monarch)

この鳥は。広範囲に生息しお隣の台湾にもいます。でも、かわいい鳥でした。この鳥は水浴びは、まるでカワセミのダイブのような、いやそれ以上に速くて、チャレンジしたけど歩留まりゼロ

黒い襟の模様が。でも、キクイタのようなでも横縞だけどベレーボーを被っています。

こちらは♀です。

 

 

タイでは普通の鳥

日本に来たら珍鳥なんでしょうが、タイでは普通種

ホオジロムクドリ:この鳥は、日本での記録は観賞用として移入され篭脱け後、繁殖というのがあります。

チャガシラカモメ:冬羽はユリカモメに似ているけでど少し大きい、まあ私には全てのカモメが同じに見えてしまいますが(汗

ベニバト:私は行きませんでしたが、1年?ほど前に愛知県に出てトゥイッチャーの皆さんが東京からも駆けつけたようですが。私は追っかけではないので、行きませんが

ビルマサイチョウ(Tickell’s Brown Hornbill)

今回の探鳥では、サイチョウは3種でしたが、カササギサイチョウは遠すぎて証拠写真程度。オオサイチョウも遠かったけど、被写体が大きいのでなんとか?

で、今回一番近くで撮影したのはビルマサイチョウ(Tickell’s Brown Hornbill)でした。このサイチョウは、営巣中でした。でも、抜ける場所が少なく撮影は一寸難しかったですね。しかも、帰りを待って1時間もかかりました。

ご覧のとおり、地味なサイチョウですが、私は初見でした。

巣からの飛び出しを狙ったんですが、ピン甘、でも面白い顔をしているので載せました。

普通の枝に止まったので、撮影できました。

Pak Thale

今回は、ヘラシギを撮影した場所を紹介しながら、他に撮影した鳥達も

探鳥地は、Pak Thale**何と読むのか?

たくさんのシギはいましたが***チュウシャクシギの飛翔

上空をとんでいた白頭トビ、普通種ですが綺麗で好きです。

ヘラシギと一緒に、写っているのは、シロチドリ、キリアイなどですが、珍鳥のカラフトアオアシシギも—–これしか撮影していないので自信ないけど、ガイドの同定にたよりました。

2/16 やはり間違いでした。オバシギかな?

 

 

涙のハイイロチュウヒ

前回、行ったハイチュウポイントに行ったのですが出たハイチュウの数やシーンは素晴らしいものでしたが、何故か写真がボロボロなんです。1枚目の写真、後ろに写っている電柱が歪んでいます。望遠なのでボケは分かるんですが、明らかに蜃気楼が?昨日の写真は全滅状態なんです 涙 涙 涙

なので、本来ならば素晴しいシーンを撮影できたのですが。こんなシーンがちゃんとピントがあっていればもう最高なのですが。♀Vsカラス

♂Vs♀

♂Vs♂

こんな遠景も最高なんですが***涙

比較的ましなものを選んで見ました