アオショウビン

今回も、アオショウビンは何とか撮影できました。ご一緒した鳥友には簡単に撮影できると言っていたので、出てきた時はヤレヤレです。

宿の近く、早朝の出発時に遠くの枝に撮影していました。雰囲気はいいです。

その後、ブラインドに車を止める途中の電線に止まっていました。電線止まりでは(汗

ですが、こちら近かったです。

ミドリハチクイ&セアカスズメ

初日、昼食後、日本で言えば葦原というか、雑草がの草むらに。その近くには、ゴミ置き場が。そんな近くに色々な鳥が、前に紹介したホオジロムクドリ、オウチュウなどです。

一番綺麗だったのは、このミドリハチクイでしょうか?

棘のある木に何か綺麗な鳥が—セアカスズメでした。もう少しいい場所に出てきてほしかった。

オオサイチョウ

サイチョウといったらこのオオサイチョウでしょうというほど代表的な鳥だと思います。ここも遠かったけど、営巣していました。

巣からの飛び出しを

別の木にとまったので上手く撮影できました。

さらにそこから遠くへ飛んでいきました。

インドトサカゲリとマミジロタヒバリ

日本なら、ケリでしょうか?でも、タイにもケリはいるんですが。まあ、南国風の派手な色をしています。最初にランカウイで見たときはドキドキしたんですが、慣れって恐ろしいですね。

この鳥もこれで3回目、タイに行くたびに出会います。