浦安側三番瀬

葛西でオオジュリンを見たあと、クイナを待っていたのですが、全然出てこないので、自宅近くで鳥撮影することに。こんな近くで水鳥撮影出来るのに、水鳥苦手なのは?

だって面倒でしょう、鴨の名前なんて覚えるの面倒だし。どうも水に浮かんでるだけなんでなんか絵に刺激がない。そんな中で、鴨以外のを撮影してきました。なお、鴨は、オナガモ、スズガモ、ヒドリガモくらいでした。

ウミアイサ♀

ウミアイサ♂

ごく普通種のハジロカイツブリ(でも、夏羽に近くなってチョイ・ゴージャス)

先週の癖がついて「カモメ」嘴の先が赤いので「セグロカモメ」

オオジュリン

昨日は、珍はなしなのでMFに行ってきました。被写体になるような鳥はいなかったのですが、春の旅立ちが近くなってか「オオジュリン」が近くの葦にきて、懸命に餌を採っていました。体力造りでしょうね。まだ、頭は黒くないですが、色が濃くなってきた感じです。

数年前までには、この時期にはツリスガラが立ち寄る公園だったのですが、暫く会っていません。

この鳥で飛び物を(単なる偶然だし、ピン甘)

ハイイロオウチュウ (ashy drongo)

2日目のチャガシラハチクイの場所を少し奥に行き、道から林に入った場所で遠くにいました。なので超トリミングなんです。だだオウチュウと比較すると、こちらの方が魅力的ですね。

たぶん、もっと近ければ光沢のある灰色の羽が見られたと思います。

クロラケットオナガ(Racket-tailed Treepie)

私の場合、気分で適当に鳥選んでますので、順番は無作為です。で今回は、クロラケットオナガ(Racket-tailed Treepie)。撮影場所は水場。最初見たときは、なんと縦長な鳥が出てきたか?と思いました。ガイドの会社からの案内状に載っていたのですが、もっと黒い感じでしたし、図解も実物より黒いのが載っていたので、どんな種の鳥か思い浮かばなかったのです。

とにかく、近くに現れたのはよかったのですが、全身がフレームに入らなくて苦労しました。

目がブルーで綺麗です。図鑑でみるよりgoodな鳥だと思います。