オレンジハナドリ

マンダイ蘭園で、入り口から左手のアズマヤの先の木の実を食べていました。オレンジハナドリは、九センチくらいでとても小さい鳥でした。♂♀ペアでした

鳥の種類としては、タイヨウチョウに近いようです。 食べ物に夢中で、至近距離で撮影出来ました。ラッキーでした。p(^^)q

英名flowerpecker、舌のようなものが伸びている写真もありました

♀のほうが役者でした。

カザリオウチュウ&セアカハナドリ

前回は、至近距離で撮影出来たのが、今回はボタニックガーデンで撮影出来ず、アレクサンドラロードの高架歩道で、しかも、かなりの遠くの被写体となった。 色は真っ黒だが、飾り尾羽が何とも南国風で私は好きな鳥だ!

もうとにかく小さい鳥で、よく動くので撮影しにくいこと。 ようやく、撮影出来たのがこの一枚(アレクサンダー高架歩道で—下)。 プールサイドから街路樹にいた鳥を撮影したのですが、上半身だけ(上)

シキチョウ

前ボケでブーゲンビリアをと思ったのですが、鳥までボケてしまいました

Robinは、日本だとコマドリとなってしまいますが、日本のコマドリはRobin とは違うのに間違えて英名を付けられたようだ。でも、尾羽ねを上げる仕草はそっくりですが。 色が薄いので♀ですかね?

フォートカニングパークにて撮影。下から見上げているので白い鳥にみえてしまうのですが。本当にシキチョウ?

ミドリガラスモドキ

不思議なことに、前回シンガポールでは全く見なかったのですが、今回はあちこちでみました。季節性でしょうか?
最初に見たのは、ボタニックガーデンのシンフォニーレイク横、ビンロウ椰子の実を食べていました

マンダイ蘭園でも見つけましたが、フォートカニングパークで、綺麗に撮影出来ました。カラスモドキなので、いくらでもいるのでしょうか? .

ナンヨウショウビン

ナンヨウショウビン

ナンヨウショウビンは、よく見るカワセミです。あまり感慨はないが、そうは言っても嬉しかった。KingFisherは、やはりスンガイブロウ湿地かいいと思われるが、干潮時が更にいいと思われる。週末は、水門を開かないと聞いたが、今回いけなかったのでよく分からない。 .