ハチクイ

ケアンズ市内の墓地(センティナリー・レイク近く)で撮影しました。市内でハチクイ撮影するならここでしょうね。

花絡みでなくとも、もともとこの撮りは綺麗なんですね。Rainbow Bee-Eater なんですから

2羽いたので観察していたら、餌さを争ってこんなシーンも撮影できました。

エスプラネードのアジサシ

夕方のエスプラネードにアジサシはいませんでしたが、早朝のエスプラネードには数は少ないけど、いました。

オニアジサシ:Caspian Ternはテキサスでも見たので記憶にあったのですが、嘴の先が黒くなかったので、少し自信ないです

オニアジサシ以外は飛び物でしたので、これは同定はますます自信ないですが、次はオオアジサシでしょうか?

ベンガルアジサシ?

顔の模様だけで判断したのですがエリグロアジサシでしょうか?

海鳥は、アジサシだけは格好いいので日本でも撮影していたので、オーストラリアでも興味を持って撮影したのですが、同定が難しいです。

あと、エスプラネードでは、一応、オオソリハシシギ、ギンカモメを撮影しましたもう数週種撮影したのですが、もう全然わかりません。(汗

 

エスプラネードの定番

ケアンズのエスプラネードの干潟に鳥の定番といえば、オーストラリアペリカンとオーストラリアヘラサギ. Royal Spoonbill の2種でしょうか?勝手に私が決めました。

大型の鳥なので居れば分かるのですが

まずペリカン

オーストラリアヘラサギ. Royal Spoonbill の方は、ケアンズに帰ってきた日はいたのですが翌日は居なかったので、何故–いつもいるのではないの?と疑問に思ってしまいました。

紅白マシコ

茨城県にこんな子がいるというBlogがあったので、どこかな?と思っていたのですが白化の鳥は綺麗なことは認めるのですが、何か少し病的というか本来の色でない点がすきではなかったのですが、どうせ撮影するならと思って行ってきました。

上2枚、白い子は♀の白化のようです—白マシコ

下は普通のベニマシコ♂–私はこれが一番好きなのですが

最後に普通のベニマシコ♀