フヨウチョウ(Red-Brown Finch)

Kingfisher Parkの庭のえさ箱に来ていました(餌あったか?)が、そこの写真では絵にならないので、その場所から移動するのを待っていました。

最初に止まったのは、庭の木に絡まる蔦のような場所で、2羽同時に

次に、園外の道脇にある雑草を食べていました

この鳥結構かわいいです。赤色が入っていますが全体的には派手という印象もなく、結構、日本人好みかも?他にも、数種類Finchがいるようですが、他は見られなくて残念でした。最後の写真は、暗かったのでシラオと見間違えた?一枚

キスジミツスイ(Bridled Honeyeater)

この子は、12/8にMt,Leiws山のトレイルで撮影したのだが、キホオコバシミツスイとの関係でここで紹介しておく。

非常に地味であるが、ケアンズ周辺の固有種であるようだ。トレイルの途中で一瞬撮影できる場所に現れたので撮影できたのだが、このトレイルの左右は亜熱帯雨林なので撮影しずらい場所がきわめて多かった。この1シーンだけである。

キホオコバシミツスイ (yellow-faced Honeyeater )

キホオコバシミツスイとキスジミツスイは似ていてよくわからいが、キスジミツスイのほうはケアンズ周辺の固有種のようだ。 この子は、キホオコバシミツスイでKingfisher Parkで初日にご対面そのあと見ていない、他の鳥を探すのに忙しくて—という言い訳

よってこの1シーンしか撮影できていない。

オオマシコ&イスカ

昨年末近く、Hさんに誘われて「おおましこ」撮影に。あまり寒くなると凍結とか雪とかで難しくなるらしいので、そうなるまでに行ってみた。もっと撮影は難しいのかな?と思っていたが、現地について林道を登っていくと、既に皆さんが撮影していました。♂の成鳥前–だから真っ赤ではありません。

2羽が飛んでいったのでもう少し登っていくと、顔見知りの女性がイスカ発見、初見、初撮りなので飛び立つまで撮影しました。

群れでいたのですが、逆光でイマイチの絵です。また、この鳥自体も輪郭がハッキリ出ない鳥かな?