ムシクイ

最近、国内で撮影していのではなく、殆ど紹介できるものがないのです(汗

全くないのではないので、それを紹介しておきます。地味な奴らですが。

センダイムシクイ

5/3撮影

warbler2180

warbler2182

 

その時、エゾムシクイの声を聞いたように感じてすっかりその気になっていたのですが、よく写真をチェックしていたら頭央線のあるのが見つかった(汗

本当にいい加減だわ!!!

メボソムシクイ

warbler2184

warbler2185

流石にこの時はしきりに鳴いていたので間違いありません。5/27撮影

コゲラ

5/3撮影

warbler2183

 

Rough-crested Malkoha

Rough-crested Malkoha:カンムリバンケンモドキ

DRTに着いた時にこのバンケンモドキがいたのですが、White-browed shamaを優先に撮影たので、後でチャンスあるのかな?と不安がありました。しかし、DRTでは結構個体数がいたようです。

前にも書いたけどフィリピンのバンケンモドキは珍妙です。カンムリと言うよりトサカ。

Rough-crested Malkoha

一番近くに出てきたのは、別の鳥を探しに行った時。そんなものです。

Rough-crested Malkoha

 

 

 

 

White-browed Shama

Whitebrowed Shama:マミジロシキチョウ

DRTに行くと書いたのですが、3日間の探鳥の内2日間はBk valleyだったので最終日ということになります。

コーディネーターのReyからは、1日しかないので、Subicに行くかDRTに行くか決めてくれと言われました。Subicなら、サイチョウ、ラケットのインコなどが見られるけど。

Whitebrowed Shamaが撮影できる個体がいるのはDRTだと。White-browed Shamaのフレンドリーな個体が発見されたのは最近のことなので、多分日本人では撮影している人いないかもとの言葉にそそのかされて決定しました。

その個体がこれ。

普通ならいるのは確認できても、藪の中素早く動くので、撮影は出来ても、とても写真にならないようです。

これらの写真ほぼノートリです。

 

 

小鳥の集まるポイント2日目

indigo-baneded kingfisherのあとは、宿近くの小鳥の集まるポイントにまた行ってみました。ガイドは、sunbird point と言っていたような気がします。

少し雨が降って来ましたが、鳥の活性は上がっていたようです。または、そのポイントの餌の木がよかったのかわかりませんが。

Sulphur-billed Nuthatch アカハシゴジュウカラ

Sulphur-billed Nuthatch

velvet fronted nuthatch から分かれて別種になったようです。

Balicassiao ヤハズカンムリオウチュウ

Balicassiao 

・・・・カンムリオウチュウとどう違う!!

Philippine Pygmy Woodpecker フィリピンコゲラ

Philippine Pygmy Woodpecker

Mountain White-eye ヤマメジロ

Mountain White-eye

腹が黄色くないのでわかった。スラヴェシでも撮影していた鳥でした。

flaming sunbird ワキグロタイヨウチョウ

flaming sunbird

他には、philippine hunging parrot も出てきたし、Striated Grassbird、ハナドリ2種も でもこれらは ん ん ん ん ん ん ・・写真が悪かった。

Green-backed Whistler、Tawny Grassbird・・・この2種はもう枝被り、草の中、スピード早いで、見えたけど歯が立たない。

この後、昼食、シエスタ、プライベートロッジで1時間ほどの探鳥後、移動夜はルソン市のとなりケソン市でビジネスホテルのようなホテルで宿泊でした。

Indigo-banded kingfisherのポイント近くで

 Indigo-banded kingfisherを撮影でブラインドに入って待ったが、1時間ほど経っても全くでてこないのでブラインドを出てその近くに鳥がいないか歩いてみることに。
 川沿いに100mほど歩くと、bushchat(クロノビタキ)を発見。でもメスでした。
bushchat
その近くに Pied Triller(マダラナキサンショウクイ)が出てきた。ガイドは、日本にもくるAshy minivet( サンショウクイ)と言ったけど、どう見ても違うでしょ。
Pied Triller
Indigo-banded kingfisherはやはり見当たらないので元の場所に戻ると、ガイドが Magpie-robin(シキチョウ)を指差して、endemicだという。マジですか?変わったとこないけど!
でも撮影していくかと。別種になってPhilippine Magpie-robinというらしい。しかし、何かありがたみないな~。
Philippine Magpie-robin
そこを見ているとその奥に Indigo-banded kingfisherを発見。
リトライとなったのです。