アンゲレシー(Anglesea)海岸

クーグーラ・パークをいくら探しても、southern emu-wrenが見つからない。時間も悪いしということで、海鳥を見にいくことにした。狙いはhooded prover.

ハッキリしたポイントが分からないので、Anglesea Beach というポントへ行ってみたが、どうも違うということで、岬になっているようなポイントに行ってみた。

anglesea

当日は土曜日で観光客でいっぱいであった。こんなんじゃ鳥もいないな~ということで、よく見る海に突き出した浅瀬があり鳥が群れていた。

そこまで、海岸線に沿って歩き最後は靴を脱いで鳥に近づいた。

そこにいたのは、Pacific Gull;ハシブトカモメ,Crested Tern:オオアジサシの群れ

web3583

web3579

Sooty Oystercatcher:オーストラリアクロミヤコドリ,

web3576

Silver Gull;ギンカモメ、遠くにカワウ(確り確認してないけどウミウは日本付近にしかいないので)

結局、Hooded Prover はいませんでした。

海岸の駐車場に戻ると、Red Wattlebird;アカミミダレミツスイが近寄ってきました。

web3677

海岸線には、Silvereye;ハイムネメジロもいました。

web3587

クーグーラパーク

クーグーラパークでは、12時45分からの2時間と16時20分から1時間半の2度訪問して探鳥をしました。

superb fairly-wrenとsouthern emu-wrenがメインターゲットでした。公園は、池に面しており、ほぼ芦原のような場所が多く、そこにsuperb fairly-wrenとsouthern emue-wrenがでてくるということだったのですが、superb fairly-wrenが無数に(オーバーだけど)。後者は最後まで見つかりませんでした。それと覚しき鳥は見て居るのですが、自信ありません。

その公園に続く道の両側の方が、鳥の種類は多かったです。まあ、初めてで、3時間半しか探鳥していないので正確には分かりませんが。

そこで見た鳥は、Grey Goshawk,Fan-tailed Cuckoo, Crimson Rosella,Horsfield’s Bronze-Cuckoo,. Dusky Woodswallow,Sulphur-crested Cockatoo,. New Holland Honeyeater,Australian Magpie,Australasian Purple Swamphen, Masked Lapwing,Welcome Swallowなどでした。

それらの鳥を一部紹介します。

New Holland Honeyeater;メジロキバネミツスイ

web3637

superb fairly-wrenの次に沢山出てきました。

Horsfield’s Bronze-Cuckoo;マミジロテリカッコウ

web3623

これは番でしょうか??

Fan-tailed Cuckoo;ウチワヒメカッコウ

web3641

Dusky Woodswallow;ウスズミモリツバメ

web3639

今回のモリツバメ数種を含めて、モリツバメを撮影する機会が多かったです。

Grey Goshawk;カワリオオタカ

web3591

公園上空をかすめて行っただけですので証拠写真ですね。

他の鳥については、またの機会といたします。

メルボルン初日

10/27-10/7まで、オーストラリアのメルボルンとアリススプリングスに行ってきました。今回は、ほぼセルフでの探鳥でした。

メルボルンには10/28の午前8時半過ぎに到着しました。そこでレンタカーを借りて探鳥スタート。今回は、この旅行を企画したHさんと鹿児島のTさんの三人(Tさんは11/2に帰国、代わりにFPさんが参加)。

運転は、ほほHさんにお任せ。Hさんが少しつかれた時だけ私が少し運転しました。

さて初日ですが、メルボルンから南西に運転Angeleseaに向かいました。

web3684

海辺の町で、その町にある公園と海岸で探鳥

ビジターセンター近くで昼食しました。

ここで待っていたのが、Australian wood duck;タテガミガン

web3602

普通ですので彼方此方にいました。

その近くのクーグーラ・パークに向かいました。そこでいきなりsuperb fairywren :ルリオーストラリアムシクイが出てきました(♂と♀)。

web3645

web3643

他にも数種でてきたのですが、兎に角、この鳥が綺麗でして、随分時間を掛けて撮影してしまいました。その後、他の場所でもよく出てきたので、そんなに時間を掛けなかった方が良かったのですが、それは後で分かることでこの時は夢中でした。