シブツナイ湖(2日目朝)

2日目の朝も、シブツナイ湖に行きました。狙いは、マキノセンニュウ(Lanceolated Warbler)。初日には、声も聞こえなかったけど、朝7時までしか啼かないというので、探しに行きました。これが正解、番で出てきて、無茶愛想よく撮影させてくれました。

この他には、昨日同様に、ノビタキ、ツメナガセキレイ、オオジュリンがいましたが、ベニマシコがチョット出てきてくれました。もう少しいい個体だったら良かったけど。

あまりピンバッチリではないけど、オジロワシも撮影出来ました。

コムケ原生花園(初日)

シブツナイ湖の後、コムケ原生花園に。ここは、小規模な場所で柵で囲まれているので、鳥まで距離が遠かったのが問題でした。でも、ここでの成果は良かったです。前の場所にも居たようですが、どうしても、撮影出来なかったシマセンニュウが出てきてくれたことと。前の場所ではいい写真がなかったノゴマのシシウド絡みが撮影できたことです。丁度、順光側に鳥出てきてと花があったので、少しいい写真が撮影できました。

シマセンニュウ(Middendorff’s grasshopper warbler )

ノゴマ(Siberian Rubythroat)

いい写真ではないけどアリスイ(Eurasian Wryneck)も

 

シブツノナイ湖の鳥(初日)

コアカゲラの後、その近くのシブツナイ湖の海との境のポイントに。ハマナス、シシウドが一杯咲いていました。ここでの探鳥のハイライトは、ツメナガセキレイ。関東で出れば珍鳥だけど。ここでは、10羽くらいいたような気がします。

ツメナガセキレイ(yellow wagtail )花絡みで

ノビタキ(Common Stonechat)も多かった

オオジュリン(Reed Bunting)夏羽も