サンコウチョウNo3

No2で♀を紹介しましたので♂の方を。

早朝は、何度も餌運びをしていたのですが、途中で♂が餌を持って来なくなくなったので心配したのですが、別の♂とバトルをして飛んできました。縄張り争いだったんでしょうか?

早朝の♂

別の時間に飛んできたときに嘴を開いて

風で毛が立ったのか?やはりカメラマンをみて威嚇していたのか?

他の♂とのバトルを終えて巣に戻ってきた場面です。

 

 

 

サンコウチョウNo2

今回は、営巣シーンを含めての紹介

自分もその一人になってしまうが、お祭り騒ぎになると営巣放棄もありうる。撮影の途中で人数数えたら60-70人に、相当なプレッシャーを与えた可能性があるが、帰路についた時にはまだ雛に餌を与えていた。

♀の方が働きは良かったのですが。

餌を運ぶメス、忍者のように

飛び物ですが、ピン甘です。

営巣シーンだったので、撮影日は雛が孵って6日目の?撮影だったので雛が孵ってから10-12日で巣立ちと言われているので撮影後の8日後(翌土日、後の日曜日の夜)を公開日として予約設定しておきました。

 

ミソサザイ

マミジロの付録で撮影したものです。朝早くからいい声で鳴いていました。

最初は、水浴びした直後で、濡れ鼠で鳴いていました。朝一番だったのでブレブレだった。

その後も何度も登場でしたが鳴いてくれませんでした。

羽を咥えてやってきましたが、こんな伸びのポーズを