Ecuador探鳥記No56

宿泊地の San Isidro’s lodge で朝食後、車で宿近くを点々と探鳥

Rufous-crowned Tody-Flycatcher:ズアカハシナガハエトリ

それにしても、このヤブの中から出たらどこに行ったのかわからなかった。その後小さなタイランチョウと Moutain-Tanagerが出てきたけど頭のない写真と逆光のピントがあってない飛びもの写真だけ(フレームに入れる技術が低すぎる)

もう少し遠くいくと

Torrent Tyrannulet:カトリタイランチョウ

この鳥、前は川沿いに出てきたのでそんな鳥かと思っていたけど、こんな草むらにも出てくるんだと、認識を新たにしました。

それから、インコが飛んできたけどピンとが合ってない。電線に

Blue-and-white Swallow:アイイロツバメ

ツバメなんで電線止まりは普通ですが、これもピンとが合っていない!!

そこら辺りは牧草地でした。そこに数羽いました

Southern Lapwing:ナンベイタゲリ


日本のケリに似ているけど胸の蛍光色がいい感じでした。

ガイドはその後、川がある地点に行ったのですが何もいませんでした。何を狙っていたのかも不明。その帰りにガイドが車を止めたので見ると猛禽が枝に止まっていました。飛んで行かないように車の中から撮影しました。普通種と言えども猛禽ですから。

Roadside Hawk:オオハシノスリ


そこから別の場所に。オニキバシリのような鳥が沢山出た場所でしたが、腕悪すぎで失敗の連続

Montane Woodcreeper:ミヤマオニキバシリ

もっと自信ないけど

Olive-backed Woodcreeper:オリーブオニキバシリ

Strong-billed Woodcreeper:ハシブトオニキバシリ

羽繕いしてました。これは、間違いないでしょ。

他にも2種いたけど(1種は撮影できているけど顔がない)

もう少し紹介種があるので次回に続きます。

 

Ecuador探鳥記No55

最終日になりました。

宿泊地は San Isidro’s lodge ではこんな鳥ででるよというプレートが置いてありましたが、常にということではないのでしょうね。

朝一番はこのプレート前に集合。そこから探鳥をスタートしました。

 

Green Jay(Inca Jay):インカサンジャク

今回は近かった。

Yellow-bellied Elaenia:キバラシラギクタイランチョウ

Masked Flowerpiercerも出てきたけど、紹介済だし、今回はいい写真がないので省略します。

Montane Woodcreeper:ミヤマオニキバシリ

紹介済ですが、これは近かった。でも電柱だったかな?

Subtropical Cacique:ヒゴシツリスドリ


プレート近くに出てきたけど、この鳥が逃げる、逃げる。で追いかけたけど和名のヒゴシ(緋腰)は撮影出来ませんでした。

追いかけた結果、宿の入り口の方に、そこに別のツリスドリがいました。

Chestnut-headed Oropendola:クリガシラオオツリスドリ


逆光でそれらしくないですね。

門の外に出て少し撮影で、

Black-crested Warbler:クロイタダキアメリカムシクイ

ここでAntpittaのフィーディングポイントでの撮影時間が来たので、レンズをサブレンズに変えて撮影(近いというので)

 

White-bellied Antpitta:シロハラクリセジアリドリ


 

ほんの数分の撮影で終了し、やっと朝食時間となりました。

Ecuador探鳥記No54

最後の宿泊地は San Isidro’s lodge という宿でした。

ここも、敷地内で結構鳥が見れる、レストランのデッキからの眺めもよくハチドリフィーダーも小規模ですが、撮影しやすいフィーダーでした。

到着しチェックイン後、ハチドリフィーダーで撮影しました。

Chestnut-breasted Coronet:チャムネフチオハチドリ


Long-tailed Sylph:アオフタオハチドリ


West SlopeのViolet-tailed Sylphとは別種で、尾が紫でなく青いのが違いですが、

Bronzy Inca:ブロンズインカハチドリ


1回だけ出てきたようです、何か違うのがいるなと思って撮影しました。まあ、いい写真ではありません。

Gorgeted Woodstar:エリマキチビハチドリ


Tawny-bellied Hermit:キバラユミハチドリ

他にはCollared Inca も出てきました。

ハチドリ以外では、キバラシラギクタイランチョウ

夜に珍しいフクロウがいるというので撮影してきました。

San Ishidro Owl:謎のフクロウ


Mysterious Owlということになっていて、Blackbanded Owl :クロオビヒナフクロウの亜種でははないか、いや別種だという議論が決着していない変なフクロウのようですが、決して珍という訳でもないようです。


これにて9日目も終了。やっと最終日です。

 

 

 

 

Ecuador探鳥記No53

次の探鳥地は Susanita’s restaurantという食堂のハチドリフィーダーで道路脇の地元食堂で小さな滝が近くにあるポイントでした。

そこには未だ撮影していないハチドリがいるとガイドが言っていた。

White-tailed Hillstar♀:ルリムネハチドリ


Glittering-throated Emeraldもいたようですが(ガイドは撮影している)私はみていません。でも前日撮影を逃した

Fork-tailed Woodnymph:エンビモリハチドリ

左はWhite-tailed Hillstar、右はFork-tailed Woodnymphかな

これはどうかな?何だろう多分

Many-spotted Hummingbird:ウロコハチドリ

前日撮影してるのと何かちがうけど。難しいな~

そのレストランのハチドリフィーダーの先にはこんな滝がありました。

駐車場で出発を待っているとおなじみのこのタイランチョウが

これは、野鳥ではなくペットでした。大きな木の上に止まっていてビックリした。

Mealy Amazon かな

そこから、前日に雨で取り逃がした鳥を撮影に。

Cliff Flycatcher:ツバメタイランチョウ

こんな崖に止まっているので英名となったのでしょう。

これで当日の宿に向かいました。

Ecuador探鳥記No52

Wildsumaco LodgeのAntpittaのフィーダー入り口ポイントから少し離れた場所に別のハチドリフィーダーがありました。

そこに行く前に、時間調整で少しその辺りを探鳥。

Coppery-chested Jacamar:セミドリキリハシ


Choco固有種で少し珍しいとのガイドの話でした。

Lineated Woodpecker:シマクマゲラ

これは、コスタリカでも撮影済。

そのハチドリフィーダーでは、別種のラケットハチドリ(撮影出来ず)とこのハチドリがでてきましたが、全然ピントがあっていない。どうして??

Gould’s Jewelfront:ホウセキハチドリ♀

その後、宿に戻り昼食とチェックアウトの準備。少し時間があったのでハチドリフィーダーに。でもほとんどハチドリがいない?やはり時間帯というものがあるようだ。しかし紫の花に数度ハチドリが。やはり、同じ種類が

Violet-headed Hummingbird:スミレガシラハチドリ

駐車場で出発を待っているとおなじみのこのタイランチョウが

Ornate Flycatcher:キゴシタイランチョウ

出発しようとしたらMonkeyがでてきたけど撮影する?というのでレストランの前に戻って撮影しました。

Napo Tamarin

その時だったか、宿からメインの道に出る間だったか忘れたがこの鳥が最後の鳥となりました。

Russet-backed Oropendola:セアカオオツリスドリ

これで次の探鳥地に移動しました。