ジュロンバードパーク

野鳥ビデオではないですが  シンガポール探鳥の最後に、自然の野鳥では、ないですが、野鳥保護展示施設としては世界的な規模のジュロンバードパークにいってきた。 いったら、すぐに始まったのがこの猛禽類ショーであった。デカイ鷹、ワシなどが飛び回って迫力のあるショーであったが。なかなか、本当にいい場面は撮影できなかったことが残念である。 とにかく、迫力ある猛禽をご覧下さい

 

タイヨウチョウ(sunbird)

1.ムラサキタイヨウチョウ(Purple Sunbird)

スンゲイブロウの小道に小鳥の群れが飛んできてその中にいた鳥です。この鳥は、上半身は濃いムラサキかメタリックブルーのようにみえました。光が当たると色が変化するので種類がわからなくなります。

327    328

2.チャノドコバシタイヨウチョウPlain-throated Sunbird/Brown-throaed Sunbird

これも、スンゲイブロウ自然公園で最後出口付近で見かけたのですが、見上げての撮影ですので腹が殆どですが、背の羽が色付きなので♂、とすればチャノドコバシタイヨウチョウかなと勝手に決めました。–ほんと自信ないな–

331    330

 

ムナオビオウギビタキ

スンゲイブロウ自然公園で撮影しました。スンゲイブロウ自然公園で撮影しました。綺麗な

鳥でなないけれど、尾が特徴的です。その尾を開いた場面が撮影したかったのですが、ちょっとの間では運がないと無理でしょうね。

これは、エコレイク付近で翌日に撮影したものです。