コミミズク

今期2度目のコミミ撮影にいきました。カメラマンは、祐ちゃん並みの300名以上。おまけに杭が一杯立っておる。前に行ったときには、1本しかなかったのに(汗 ,しかし、この日のコミミ君(?)サービス満点で、何処にいてもそれなりモデルになってくれました。

飛びつきと、飛び出しを狙ったものです。飛び出しがもう少しこちら向きだた良かったのですが

飛び物です。左の方は、目の前から頭上に飛んできたので、もう適当にシャッター押したら、ノートリでこんなのが写ってました。ラッキーかな。バックの色がないのは仕方ないですね。

コイカル

前回の続きで、都市公園で撮影したものです。コイカルを待っていたのですが、まず登場はイカルでした。

この日は、出るポイントのもう一方では、子供たちが遊んでいたので、出るとしたらこちらかなと思って待っていたのですが、1時過ぎでも出てこない、でもなんとなく逆光のイカル数羽の中に交じっているような?でも、判別できないし、いい写真はとれないし

でも、やはり待てば海路の~やらで1時半過ぎにいい場所に登場してくれました


桧の木の実が少なくなってきていたので、いつまでいてくれるかな?と思われる状況でした

最後は飛び出しの場面、コイカルの羽模様とか色がでていませんが

梅木止まり「ツグミ」3種

某都市公園で撮影したものですが、普通あまり見られないトラツグミの枝止まりが撮影できました。取り敢えず普通の「ツグミ」しかも梅の蕾も

もう1枚、枝かぶりだけどこの方が綺麗か?

シロハラも止まったのですが、向きが、それと梅がない

メインの「トラツグミ」、一本枝が邪魔ですが

その枝を外すと、今度は梅の蕾の枝が枝かぶりに、一応、前ボケということにしておきましょう(^-^)/

 

オオマシコ&イスカ

昨年末近く、Hさんに誘われて「おおましこ」撮影に。あまり寒くなると凍結とか雪とかで難しくなるらしいので、そうなるまでに行ってみた。もっと撮影は難しいのかな?と思っていたが、現地について林道を登っていくと、既に皆さんが撮影していました。♂の成鳥前–だから真っ赤ではありません。

2羽が飛んでいったのでもう少し登っていくと、顔見知りの女性がイスカ発見、初見、初撮りなので飛び立つまで撮影しました。

群れでいたのですが、逆光でイマイチの絵です。また、この鳥自体も輪郭がハッキリ出ない鳥かな?