Machu Picchu (マチュピチュ)へ

10/25 早朝 5時40分に受付開始6時05分発のマチュピチュ行きの列車に乗りました。全部のツアー込で予約したのでマチュピチュへのツアーも入っていたので、マチュピチュツアーがいくらかは詳しくは知りませんが、オリャンタイタンボへの列車の料金は片道55ドルのようでした。また、マチュピチュの駅から遺跡入り口までのバスが片道24ドル、入場料金が152ソル(ドルではなく現地通貨のソル)。これに、今はガイドを付けることが必須になってます。なので、マチュピチュツアーは高いのでしょう。

朝起きたら雨 (泣)・・・スーツケースは宿に預けてカメラなどの手荷物だけで乗車です。遺跡には、大きなバッグでは入れない。まあ、標高そんなに高くないといっても2000m超えており、坂も多いので遺跡内を歩くのは結構疲れます。

朝のオリャンタイタンボの駅

待合にはコーヒーショップらしきものがありました。

列車はこんな感じで乗り込みます

列車内です。席の間は広く余裕あります。当日は雨だったので車中からの風景が駄目でしたが、マチュピチュに向かって左の席が川沿いになるようで、左の方が良い景色が見られるようです。ツアーだと選べないので、左だったらラッキーということのようです。まあ、右側だったのですが。

車窓からの風景も雨で霧で(泣)(泣)・・・

マチュピチュの駅に到着。ここでバスに乗り換えます。川沿い道路の方にバス停がありました。

バスからの風景もこんなんで、こりゃ駄目だな・・ということで早くも諦めモード。

定番のマチュピチュの遺跡写真。まあ、雨と霧で (泣)(泣)(泣)

コンドルの神殿のコンドルの岩だけ載っけておきます。

一生に一度は行きたい遺産のNo1かなんかになっているようですが、観光客(私もその一人ですが)が多すぎ。私の評価は、まあ絶対にいきたい場所には全く入らない。そんな絶景ではない。遺跡の価値も他の比べて??(比べることは意味ないでしょうが)。そんなに感動はなかったです。

インカは、文字がなかった文明なんで謎が多いというか(記録用に紐の結び目を使った「キープ」とかいうものはありますが)。なので、遺跡がなんのためのものだったかも諸説あります(笑)。ということで、想像が膨らむことはあるかな?

マチュピチュに戻って昼食。

帰りの列車は16:22発だったので、その間少し探鳥を。霧に雨では、日照不足でだめですね。鳥の出も悪かったし。

Andean Motmot(タカネハチクイモドキ)

Slate-throated Whitestart(ベニイタダキアメリカムシクイ)

オリャンタイタンボには6時くらいに到着、駅近くの前泊したLodgeに戻ってスーツケースをピックアップしてクスコの宿に到着したのは8時半くらいになっていました。

一応バードリストを

Common Moorhen
Andean Motmot
Torrent Tyrannulet
Black Phoebe
Tropical Kingbird
Slate-throated Whitestart

 

Palawan (6)のインコ・オウム

Palawanでは3種のインコ・オウムを撮影したので紹介します。

ですが、良い撮影条件では撮影できなくて良い写真はありません。

一番苦労したのが、Blue-headed Racket-tail (パラワンウチワインコ)。最終日まで全く撮影できず。最後に撮影できたのも逆光の中。なので、コントラストが低い写真になってしまいました。

数度、撮影機会があっったのだけど、少し遠い雨後の暗い曇、夕方の暗くなってから・・・Blue-naped Parrot (コオオハナインコモドキ)

Red-vented Cockatoo (フィリピンオウム)、キバタン風のオウムですが下腹部が赤いのが特徴です。

この鳥は、バードレースのホテルの裏と海岸に午後5時くらいに群れでやってきます。ですが、そんな夕方で、空抜けのような場所にしか出てこないので、良い写真はありませんでした。

ついでにバードレースのルールを

どの鳥が何点か、判断が・・・チョット厄介。

オープニング、ディナーパーティー

10/24 アンデスの水鳥(後編)

アンデスの水鳥の後編を

シギチ・・合ってるのか自信ないけど

識別点が分からんけど、以下の3種は、分布と形、あと大きさでなんとか

American golden plover (アメリカムナグロ)

Baird’s Sandpiper (ヒメウズラシギ)

Lesser yellowlegs(コキアシシギ)

これが一番自信ない

このクイナも・・・たぶん

Plumbeous Rail(ハイイロクイナ)

Puna Ibis(アンデストキ)

Andean Gull (アンデスカモメ)

Andean Lapwing (アンデスツメバゲリ)

お昼少し前には探鳥は終了し、インカの染色、織物の村でデモンストレーションに、土産物も売っていたので、安いアルパカのマフラーを買ってきた。今使ってみると、これが意外に良い品物だった。

そこからウルバンバの町が展望できる峠に、そこでランチボックスで昼食を

写真の眼下にみえるのがウルバンバの町、そこから、左手(東の方と思われる)の方に行くと、その日に泊まる(オリャンタイタンポ→マチュピチュに行く列車の始発駅の町)

オリャンタイタンポの町も遺跡があるようで、Lodgeにチェックイン後、その町を散策しました。

探鳥は、これで終了。翌日はマチュピチュへ観光に。その翌日は帰国日でクスコ市内およびその近郊の遺跡観光ということで旅は終了しました。

鳥のメインのBLOGですが、次回からは観光も紹介します。

10/24のバードリストもアップしておきます。

Puna Teal
Cinnamon Teal
Yellow-billed Pintail
Yellow-billed Teal
Ruddy Duck
White-tufted Grebe
Puna Ibis
Great Egret
Snowy Egret
Plumbeous Rail
Andean Coot
Black-necked Stilt
Andean Lapwing
American Golden Plover
Stilt Sandpiper
Purple Sandpiper
Spotted Sandpiper
Lesser Yellowlegs
Andean Gull
Mountain Caracara
Andean Swallow
Yellow-winged Blackbird

 

 

 

Palawan(5) ,Sabangの鳥

Palawan Peacock-Pheasant (パラワンコクジャク)は既に紹介済ですが、その撮影地はSabangからボートで行きます。そこで撮影した鳥が他にも2種あります。

Sabang(サヴァン)は、プエルトプリンセサから北西に2時間程度行った西側の海岸にあります。

その探鳥地は、島に行くのではないけど、ボートでしかアクセスできないみたいです。世界最長の地下水流が流れていて、鍾乳洞をボートでいくのが一番メインの観光になっているのですが、バーダーだけ別行動を取ります。

そこの風景写真を

ここから鳥の写真

White-bellied Sea Eagle (シロハラウミワシ)

Tongan Megapode (トンガツカツクリ)・・・ツカツクリの中では撮影しやすい個体だとおもうのですが、どうしても完全には抜けないですね。

本編はSabangの鳥ということでなく、Sabangからボートに乗っていって撮影した鳥ということです。