チャノドコバシタイヨウチョウとハリオハチクイ

この2種は、シンガポールでも撮影し ていますが、何度見ても綺麗な鳥です。Leam Pakarang の海へ行く手前の林でアカモズの次にチャノドコバシタイヨウチョウをガイドが見つけてくれました。

1シーンだけだったので残念でした。

光の当たり方によって鳥の色が変わるのが、タイヨウチョウの魅力です。 今回は、光が強く当たった場面の色だと思います。

ハリオハチクイは逆に、低い草に止まったので、光が当たり過ぎで綺麗な色がハッキリでていません。だた、図鑑にはこの地方では、春、秋のマークがしてあったので見れただけでOKかな?

クロサギ、珍チドリ

Leam Pakarang の海岸で、出会った鳥達です。目当てはこの「カニチドリ」だったのですが、遠すぎて写真になりませんでした。証拠写真レベル以下ですが、要はは見たってことで

次も遠かったのですが、クロエリシロチドリ。タイ南部のマレー半島にのみ生息するシロチドリの亜種だとのこと.。写真は、♂と♀同時に撮影できたものを

最後は、逆光の中、クロサギが3羽並んでいたのを撮影しました。日本でこの鳥は撮影したことなく、海外で2回目

 

シロハラウミワシ

Leam Pakarang の海岸で 撮影しました。突然飛んできて、狩りをするのかなと思ったのに、海面近くまで降りたのに?狩り失敗

この鷲は、ケアンズのkingfisher park の上空を飛んで行った場面を1枚だけ撮影していますが、今回はしっかり撮影できました。

けど、何故かフォーカスが合いにくかった(白だから?)

最後のはKrabiのロングテールボートに乗った時にボート上空を飛んで行きました。デカカッタですが、ゴーヨン手持ちでは後追いになって1枚しかピントあってませんでした(色からすると幼鳥でしょうか?)

アカモズとシキチョウ

日本でも撮影しているアカモズなんですが、頭の上部の色が灰色です。その形からアカモズ撮影したとガイドに言ったのですが、カメラで撮影したのをチェックしたら、アレー何これと思って、ガイドにチゴモズのような色をしていると言ったら、それもアカモズだといわれました

確かに図鑑でも灰色バージョンが載っていました。この1シーンだけで飛んでいってしまいました。他の場所でアカモズいたのですが、ガイドはアカモズいると言って別の鳥を探していました。現地では沢山いるのかな?その割に日本では減っているけど?

シキチョウ

アカモズの近くの道にあった木に止まっていました。シンガポールで何度も見ているので1シーンだけ撮影しました。