クロサギとアオショウビン

ホテルの中洲に来たクロサギとアオショウビン。
クロサギは地味であるが、日本にもいるが初見の鳥でした。また、アオショウビンは反対に派手な鳥、青い羽が印象的です。
飛んだ姿は特に綺麗であるが、飛び物の撮影は全くだめですので止まりものの映像しかありません。
あしからず

今回の探鳥では、3ショウビンの内、アオショウビンの出が一番悪く、運よく別のポイントで撮影できました。

オウチュウ

ランカウイでは、オウチュウとカザリオウチュウの両方を見たのだが、上手く撮影できたのは、オウチュウだけ。

この旅行のあと、シンガポールでカザリオウチュウはまともに撮影できているのでこのページではオウチュウだけを掲載しておきます。

この鳥は、常にそこにいけば必ず撮影できました

この場所では他にLaced Woodpeckerというランカウイ最大の啄木鳥やBlue Whistling-Thrush(オオルリチョウ)という30-35cmぐらいの大つぐみが見られましたが。写真は枝かぶりでした。

ブッポウソウ

熱帯の鳥というと色鮮やかな鳥が多いですが、既にビデオ投稿したブッポウソウなどは

それほどカラフルではないのですが。私は、日本でこの鳥撮影したことないのですが

この鳥は、ラヤ山とホテルの中州で撮影しました

126125