Subaimへの道中で出会った鳥(No2)

Subaimへの道中でBlyth’s Hornbill(パプアシワコブサイチョウ)がの営巣木の近くでのCommon Paradise Kingfisher(ラケットカワセミ)撮影した場所には他に、記憶ではDusky Friarbirdと黒い鳥(Asian Koel)がいたような。だが、撮影に失敗しており、その場合、私の場合は殆ど記憶がなくなることに(汗
そこから、更にドライブ。途中で海が見える場所になり、早めの食事を(そこ以外にまともに食堂がないようなことをガイド言っていた)。
その後、Rufous-bellied Triller(モルッカナキサンショウクイ)を撮影した。
相当に数を減らして見るのが可也難しいという、Azure Dollarbirdのポイントにいった。最低100m以上(200m以上かも)くらい超遠いの山の中にガイドがみつけるが、点に見えるくらいのもの。待ってもも、寄ってはこないと判断して先に進むと、White-bellied Cuckooshrike(White-bellied Cuckooshrike (パプアオオサンショウクイ)が
その当たりだの記憶では、猛禽?が森の中に飛んでいったり、Blyth’s Hornbillが上空の間近に飛んでいった。
また、数羽のグンカンドリが群れでとんで行ったと思ったらこれまた、超至近距離を飛んで行った。
この当たりに浜辺にBeach Kingfisherとかいなかなと言うことで、海辺に出てみたのですが、グンカンドリしか見れませんでした。こんな海岸でした。
そして半日以上かっかって(探鳥時間が多いので実際にかかる時間はわかりませんでした)宿の到着しました。
チェックイン後、山の中に行き、Night birdingまでしましたが、成果は殆どなしでした。枝被りのこんなGreat Cuckoo-Dove(マイヒメバト)の写真しか撮影出来ませんでした。この鳩2回目ですが、スッキリ全身が撮影できません。
Halmahera Boobookは声だけ(今回はずーと外しました)。ブクブクブクか!

Common Paradise Kingfisher(ラケットカワセミ)

Subaimへの道中でBlyth’s Hornbill(パプアシワコブサイチョウ)が営巣する木までを紹介しましたが、そのすくそばにCommon Paradise Kingfisher(ラケットカワセミ)がいるというので、ガイドが探しました。
昨年のWest Papua では全く歯が立ちませんでしたが、今回は以外とゆったり止まってくれたのでしっかり撮影できました。
ただ、見上げ写真だったのが残念でした。
別の角度から。
もうひとつ別の角度から。

ハルマヘラ2日目-Subaimへの道(No1)

翌日は、Subaimへ、早朝から出発。まず、昨日のカワセミポイント付近をとおりがかると、Black sunbirdがいたが、暗い!
するとガイドが、遠くにGurney’s Eagle(ハルマヘライヌワシ)とParadise-crow(カラスフウチョウ)2種を見つけるが、これも暗いし、空抜け。よって、超証拠写真なのです。
更に近くにはCream-throated White-eye(モルッカメジロ)をパチリ
でも、メジロなんてみんな同じにみえてしまうんだけど
そこから少しドライブしていくと、Spotted Kestrel(モルッカンチョウゲンボウ)が2-3度現れ、
行き着いた先は、Blyth’s Hornbill(パプアシワコブサイチョウ)が営巣する木でし
た。
その木には無数のMetallic Starling(オナガテリカラスモドキ)

初日カワセミ以外の鳥達

ハルマヘラ2種のカワセミもゲットしたので、それでは少し別の鳥もさがしましょう。特に、Ivory-brested Pittaの声も聞きながらということになった。
以前はIvory-brested Pittaの生息地という場所も行ったが、環境が変わったと言っていたような(英語のヒヤリングがいい加減なので)
この地は、固有種が多いので、初めての我々はほとんど出会った鳥はライファーになる可能性が高い。
最初にガイドがみつけたのがこの鳥
blue-capped Fruite-dove (. アオボウシヒメアオバト   )メス。チョット光が悪くてでイマイチ、. アオボウシヒメアオバトらしくないけど、
次に見つけたのがこのFruite-dove。いい感じの鳩です。Fruite-doveっ派手な鳩がおおいので好きなんです。まあまあの撮影条件だっったかな。
Scarlet-breasted Fruite-dove (モルッカヒメアオバト)
その鳩の近くにはインコがいた。・・・・・・これみたことあるなと思ったらWEST-PAPUAでみたインコだ。
red-cheecked parrot(アカガオインコ
この後、ハルマヘラで数度であったけどいいシーンがなかった。
他には、カワセミを見ていた時に、Black Sunbirdを撮影しているが。これもボケ写真。更に、Gurney’s Eagle(モルッカイヌワシ  )が上空を飛んだが、撮影を失敗した。
初日の午後の探鳥はこれで終了し、暗くなるのを待ってNight birding.
最初。カワセミポイントで、Moluccan Scops Owlを狙ったがどうも上手くない。
そこでガイドが別のポイントに行く、Moluccan Owlet-nightjar(ハルマヘラズクヨタカ)・・・Owlet-nightjar フクロウのようなヨタカ。変わった感じのヨタカです。・・・このヨタカ、少し感動したな!
これで初日の探鳥は終了。日本の自宅を出発して36時間くらい経っている。疲れた初日だったけど、出だしは順調かな。