Standardwing BOP(シロハタフウチョウ)

4日目はこの探鳥最大のターゲットのStandardwing BOPを狙います。
朝早く行ってその場で、Halmahera Boobook(ハルマヘラアオバズク)を狙いました。声は聞こえど、なかなか姿が見えない。やっと近くに飛んで来て、止まったのですが一瞬で飛んでいってしまいました。この鳥は結局撮影できず。縁がなかったのでしょうね。
そろそろ時間ということで、Standardwing BOP(シロハタフウチョウ)を狙いにいきました。場所は、尾根伝いに降りていった場所に撮影場所がありました。尾根(といってもそんな高くない)にあるので、周りより少し高い位置にあったので、目線角度で撮影できるようになっていました。
ギャーギャーとフウチョウの声がして、前を見たらそこで既に踊っていました。シャッター押したら、ガッシャーンてな調子。いや~暗い。ISOを上げてバシバシと撮影したつもりでしたが、それでもSSが上がってなく、歩留まりが悪い。
なんか鳥ではなく、虫のような感じですね。
♀です
この時の時間は朝7時。まだ8時まではチャンスがあるはずというのですが、その後1度だけ現れただけ。その時は枝被りでした。まだ、十分時間あるでしょと思っていたんですが。♀が何処かに行ってしまったことと。その後、雨が降って来たので引き上げなくてはならなくなりました。
もっとじっくり撮影したかったですが仕方ないです。でも、私が一番先に到着し、三脚をセットしたのですが、縦に並ばなければ撮影出来ないような場所にしか出て来なくて他のメンバーに申し訳なかったです。

Moluccan Scops Owl(モルッカコノハズク)

午後からは、雨が降って来たのですが、Ivory-breasted Pittaに再度トライしました。しかし、これが、全く
駄目で途中からは雨が激しいので退避しました。
ず~と雨が続きましたので、雨が続けばNight birdingも駄目になるのですが、ギリギリ、雨が止んだのでブクブクブク(笑い
Halmahera Boobook(ハルマヘラアオバズク?)を狙ったのですが、上手く行かないし。雨も降って来て、コンディション悪化で宿の帰ることにしたのです。
その帰路の途中で、後ろから、あおって来る車がいて、我々の車を抜いていきました。
暫く運転していると、道の横で撮影している連中が!Bird Quest?の連中でした。
Moluccan Scops Owl(モルッカコノハズク)を撮影していたので、我々もその恩恵にあずかることにしました。
2班に分かれて探していて、連絡が入って急行していたのでしょうね。
これで3日目も終了し、明日はこの探鳥最大のターゲットのStandardwing BOPを狙います。

ハルマヘラ島探鳥三日目

 今まで記載して来なかったが、当初の予定は、現地12日からの予定でした。1日前に現地入りした航空券を購入した のは単に航空券が4-5万円安かった為。だが突然、ガルーダから予約していた12日の早朝便がフライトは飛ばない ことになったので13日の便にしておいたと一方的なメールが10日前に突然届いて、エー!マジですか!。でもそれでは 1日現地探鳥の時間が少なくなるので、1日早く現地入りしておいたので、1日前の便に変更した(本当に慌てた。 もうかんべんしてよぉ~!ガルーダ)まあ、ガルーダだったので、東京事務所の予約課に日本語で依頼できたのが 救い。
そんな予定だったので、ハルマヘラの探鳥が1日長くなった。それで、Standardwing BOPを2日狙ってはということになったのだが、
現地の4WDの調達ができない。当日は英からのツアーが入っていたようである。
結果、その日は、ブクブクブクのポイント付近で探鳥ということになった。
早朝からでかけたが、早朝の撮影は厳しい。暗いのでSSがあがらない。それと、このポイントは鳥との距離が遠い。
朝一番は、Cinnamon-bellied Imperial Pigeon(モルッカミカドバト)が現れた。やはり、遠かったが光の具合がよかったので色はしっかりでていた。まあ、超トリミング写真となっていましたが。
次は、これは、遠い、光周りが悪い、腕が悪いのでピンが来ていないの三拍子揃い踏みで、まったく駄目写真ですが
Moluccan King Parrot(オウインコ)。比較的でかい鳥なのに。
その後、Moluccan Goshawk(チャバラオオタカ)、Goliath Coucal(オニバンケン)、Moluccan Cuckooshrike(モルッカオニサンショウクイ)White-streaked Friarbird( ハルマヘラハゲミツスイ)
Moluccan Hanging Parrot(コシミノサトウチョウ)Dusky-brown Oriole?(写真掲載なし)、Common Cicadabird( セミサンショウクイ)の♀とおぼしき鳥、
を撮影しました。これらは、丁度、峠のような場所だったかと思います。
Moluccan Goshawk(チャバラオオタカ)
Goliath Couca(オニバンケン)
何度も見たけど潜行性が高い鳥なので抜けないのですよね。
Moluccan Cuckooshrike(モルッカオニサンショウクイ)
・・・・ん~光が。
White-streaked Friarbird( ハルマヘラハゲミツスイ)
Friarbirdって地味なんで、撮影する気がなくなるんですが、これは割と興味深かかった鳥でした。
Moluccan Hanging Parrot(コシミノサトウチョウ)
遠かった!!超トリミング。でも撮影できてよかった1種です。
Common Cicadabird( セミサンショウクイ)の♀
・・・ん、合っているかな?
それから、道を下っていくとWhite Cockatoo(タイハクオウム)が飛んできました。
また、そのあたりでIvory-breasted Pitta(オオヤイロチョウ)の声を聞き、待っていたんだけど出目でした。
White Cockatoo(タイハクオウム)
それで、そこからは、本格的にIvory-breasted Pittaを狙おうということで、ブクブクブクのポイントで声を
聞きながら森に入って待っていることにしました。
一度は、20mくらいまで、近づいたのですが、2名が確認写真を撮影した程度に終わりました。
やはりIvory-breasted Pittaは厳しい。
ここで、午前の部は終了し、昼食とシエスタの為、宿に戻りました。その途中で、Moustached Treeswift(シラヒゲカンムリアマツバメ)
いい感じで止まっていたのでこれを撮影しました。
宿に戻ってみると Bird Quest?のバーダー10名くらいが昼食を食べていました(彼らは、前日、山でキャンプし
Standardwing BOPを見てきたようで、「見た」と言ってたので、翌日への期待が膨らみました。