ズアカカンムリウズラ(Gambel’s Quail).

砂漠の鳥、第3弾

ズアカカンムリウズラ(Gambel’s Quail). です。

この鳥も彼方此方にいましたが、絵になる場所にはなかなか止まってくれませんでした。サグロア国立公園でサボテンの上に乗っていましたが、これだと足がみえないんです。

トホノ・チュル公園にもいたんですが。近すぎてペアで一緒に思ったのですが、♂が少しきれています。

今度は♀のほうが切れてしまいました。腕がわるすぎです

サバクシマセゲラ

砂漠の鳥第2弾

サバクシアセゲラです。柱サボテンに穴を空けて巣を作っていますが、普通の木でも営巣してました。

ソノラ砂漠博物館で撮影;♀です

まあ、日本のアカゲラ風でしょうか?

こちらは♂、ブエノスアイレスで普通の木に営巣してました

ツーソンの市内の公園にもいます。ト・ホノチュル公園で

サバクミソサザイ

サバクミソサザイなどサバク種を掲載してこなかったが、この鳥から紹介してみる.

ツーソン近郊の公園にはどこにでもいた鳥であった。

サグアロ国立公園でサボテンの上に止まっていました

このミソサザイは、綺麗な声では鳴きません。オオヨシキリのような「ギョ、ギョ」とだみ声でした。

撮影地;ソノラ砂漠博物館

人なれしていてこん近くで、ほとんどノートリです

撮影地;トホノ・チュル公園

ズグコウライウグイス

Hooded Oriole;ズグコウライウグイスは、昨年も撮影していますが、枝かぶりがはげしくもっと綺麗に撮影したかった鳥です

黄色と黒と白のコントラストが鮮やかな鳥ですね。

撮影地はソノラサバク博物館のビーバーのプール横の木に止まっていました。