タンココ3日目No1

タンココ三日目は午前中にSulawesi Pitta(スラヴェシヤイロチョウ)を狙い、午後からGreat-billed Kingfisher(セレベスコウハシショウビン)をボートで狙う予定となっていた。

公園に早朝から入りトレイルを歩いていくと、ガイドが遠くに、White-bellied Imperial Pigeon(シロハラオビオバト)を見つけるが、枝被りもいいところ。

White-bellied Imperial Pigeon(シロハラオビオバト)

間違いWhite-faced Cuckoo-Dove(シロガオシャコバト)

でしょうね

その時間帯に出てきた小動物も紹介。

トレイルから、森の中に入っていくと、こんな鳥が

Red-backed Thrush(ムナグロジツグミ)

やはり、暗いので、映像が溶けてしまいそう。この鳥はあとでもう一度でてきました。
この鳥は、渡りの途中(所謂渡り鳥ではないが)でタンココではこの時期しか見られないとか?
その後、ローカルガイドが出たと連絡を受けたので、Sulawesi Pittaのでている場所に急行。ところが、この鳥があちこち動き、追い詰めては飛ばれの繰り返し、止まっていても抜けない(泣)
一生懸命探して撮影できたのがこの1枚だけ

Sulawesi Pitta(スラヴェシヤイロチョウ)

リベンジが必要なんだけど。もう一度この地に来れるかな?
それが終わり、

Knobbed Hornbill(アカコブサイチョウ)

の別のポイントに。Sulawesi Hornbill(カオジロサイチョウ)とは別のポイントに最初から此方を撮影すればよかったのに何故かな?
こちらの方は簡単に撮影できました。

でその近くには
Sulawesi Hawk-Eagle(セレベスクマタカ)


の幼鳥がいた。遠かったな~
先に紹介したRed-backed Thrush(ムナグロジツグミ)と一緒に出てきたのがこのチメドリ

Sulawesi Babbler(セレベスムジチメドリ)

やはり、チメドリは地味だ~
これで午前の部を終了して、宿で昼食となりました。

Subaimへの道中で出会った鳥(No2)

Subaimへの道中でBlyth’s Hornbill(パプアシワコブサイチョウ)がの営巣木の近くでのCommon Paradise Kingfisher(ラケットカワセミ)撮影した場所には他に、記憶ではDusky Friarbirdと黒い鳥(Asian Koel)がいたような。だが、撮影に失敗しており、その場合、私の場合は殆ど記憶がなくなることに(汗
そこから、更にドライブ。途中で海が見える場所になり、早めの食事を(そこ以外にまともに食堂がないようなことをガイド言っていた)。
その後、Rufous-bellied Triller(モルッカナキサンショウクイ)を撮影した。
相当に数を減らして見るのが可也難しいという、Azure Dollarbirdのポイントにいった。最低100m以上(200m以上かも)くらい超遠いの山の中にガイドがみつけるが、点に見えるくらいのもの。待ってもも、寄ってはこないと判断して先に進むと、White-bellied Cuckooshrike(White-bellied Cuckooshrike (パプアオオサンショウクイ)が
その当たりだの記憶では、猛禽?が森の中に飛んでいったり、Blyth’s Hornbillが上空の間近に飛んでいった。
また、数羽のグンカンドリが群れでとんで行ったと思ったらこれまた、超至近距離を飛んで行った。
この当たりに浜辺にBeach Kingfisherとかいなかなと言うことで、海辺に出てみたのですが、グンカンドリしか見れませんでした。こんな海岸でした。
そして半日以上かっかって(探鳥時間が多いので実際にかかる時間はわかりませんでした)宿の到着しました。
チェックイン後、山の中に行き、Night birdingまでしましたが、成果は殆どなしでした。枝被りのこんなGreat Cuckoo-Dove(マイヒメバト)の写真しか撮影出来ませんでした。この鳩2回目ですが、スッキリ全身が撮影できません。
Halmahera Boobookは声だけ(今回はずーと外しました)。ブクブクブクか!

ハルマヘラ2日目-Subaimへの道(No1)

翌日は、Subaimへ、早朝から出発。まず、昨日のカワセミポイント付近をとおりがかると、Black sunbirdがいたが、暗い!
するとガイドが、遠くにGurney’s Eagle(ハルマヘライヌワシ)とParadise-crow(カラスフウチョウ)2種を見つけるが、これも暗いし、空抜け。よって、超証拠写真なのです。
更に近くにはCream-throated White-eye(モルッカメジロ)をパチリ
でも、メジロなんてみんな同じにみえてしまうんだけど
そこから少しドライブしていくと、Spotted Kestrel(モルッカンチョウゲンボウ)が2-3度現れ、
行き着いた先は、Blyth’s Hornbill(パプアシワコブサイチョウ)が営巣する木でし
た。
その木には無数のMetallic Starling(オナガテリカラスモドキ)

Oriental Pied Hornbill; カササギサイチョウ

キヌバネドリを諦めて、マクジャク撮影に向かいました。その過程でも当然、探鳥はしますが、基本的にトラックの荷台の上から。

数種類撮影出来ましたが、荷台の上からなので、なかなかいい写真は撮れません。それでも、何とかまあ見られる写真が撮影出来た鳥を紹介します。

Oriental Pied Hornbill、 カササギサイチョウ。キタという言葉を頭に付ける場合もあります。これで、3回めの出会いでしょうか。サイチョウでは、ランカウイの方がいい写真を撮影できると思うけど、ここはヤイロの付属(この日は、マクジャクの付録)なので期待していなかった分嬉しかったです。

それにしても、面白い嘴の形で、漫画チックな鳥です。サイチョウも、東南アジアに行ったら見たい鳥ですよね。

Wreathed Hornbill;シワコブサイチョウ

やはり、サイチョウが羽をかわかしていた場所の近くにこのサイチョウがいました。初見なので、嬉しかったのですが。もう少し近くで撮影したかったです。これでサイチョウは7種目でしょうか。

遠くを飛んでいた姿は数度みましたが撮影は難しいですえね。

サイチョウはどれも図体がでかい鳥だけど撮影の機会がそれほどある鳥ではありません。

Rhinoceros Hornbill;サイチョウ

今回の海外探鳥は、13出国-Singaporeに。翌日、海鳥のためのボートツアー+ボタニックガーデン。15日は国境を越えてマレーシアのPnati forestへ、日帰りで、夜便でジャカルタへ。

ジャカルタ→パダン→ケリンチ山(16日)、16-18日Kerinciで探鳥。18日-21日タッパンロード、22日、ジャカルタに戻り夜行便で帰国。

最初は、インパクトのあるこの鳥からです。といっても、サイチョウの種類としては普通種のようです。だだ雨が降ったので羽を乾かすために現れたようです。なので羽を広げたりいろいろなポーズをしていました。こんな機会ななかなかないようです。

また、かなり近くの飛翔も撮影できました。

これは、別の場所で。ノートリなんです。ラッキーでした。