ペルー最終編、クスコ観光

10/26、ペルー最終日であるが、クスコからリマへのフライトは夜7時くらいだったので時間に余裕があり、クスコ半日観光を日本人経営の現地旅行会社に依頼した。11時ホテルピックアップで、クスコ郊外の遺跡観光と市内の数箇所を巡り、最後にクスコ空港まで送ってもらった。

昼食後、クスコ郊外の高台の遺跡に向かった。

遺跡巡りのチケット

プカ・プカラ遺跡・・「Puka Pukara」は「赤い要塞」の意味だそうです

タンボマチャイ遺跡・・インカ時代の水浴場跡ではないかと言われている。この遺跡、には修学旅行生のような生徒がいて、観光客が多かったです。

観光ガイドが、「この辺りには大きなハチドリが住んでいるんだよ。そんな簡単には見られないけど」と言ってたら本当にいました。でも標準ズームでは鳥の良い写真は無理ですよね。

Giant Hummingbird(オオハチドリ)

ケンコー遺跡 ・・洞穴もあって、祭壇のような遺跡なんです

遺跡巡りの途中で世界遺産のクスコ旧市街が眺望できる場所がありました。写っている一番高い場所にある住居は3800mくらいあるそうです。私がいた場所はもう少し標高が高い場所かと思います。

サクサイワマン遺跡・・・砦あとかと。ガイドの話では、ここで大きな祭りが行うとか言ってました。

アルマス広場・・・ここには2つの教会があります。インカの遺跡の岩を持って来て建設したようです。2つの教会は、ローマ・カソリック系とイエズス会系とか言ってました。

ペルー市街と12角の石

サント・ドミンゴ教会もとはインカ時代のコリカンチャ=太陽神殿

この後、クスコからリマ、→アトランタ→成田。リマまでは1時間くらいのフライト。リマ→アトランタは6時間くらい。アトランタ→成田は14時間くらい。待合時間を含めて1日以上掛かった。本当に疲れた。

Oxbow Lakeへのトレイル

Canopy Towerの探鳥を終えて、シエスタのあとOxbow Lake(三日月湖)に。ここは、Lodgeからボートで直ぐに場所にあった。
直接三日月湖に行けるのではなく、上陸して少しトレイルを歩くと必要があった。
今回はそのトレイルで撮影した鳥を紹介します。
Bamboo Specialを探そうということであったが、結局この日を含めて最終日まで撮影することはできなかった。もう、忘れてしまったが、黄色系のキツツキであったように記憶している

Amazonの熱帯雨林の鳥の一種で印象的なのがNunbirdとPuffbird、今回の旅で数種みているが、ここでも二種を確認している。

Black-fronted Nunbird (クロビタイアマドリ)

Western Striolated Puffbird (タテフオオガシラ)

また、既に書いているが熱帯雨林の中でハチドリを探す、または出会える確率は相当低い。しかし、この森林では2種撮影できた。

White-necked Jacobin (シロエリハチドリ)・・コスタリカ、エクアドルでも撮影しています。

White-chinned Sapphire(シロアゴサファイアハチドリ)

宿、初日の探鳥1

今回は宿(Explore’Inn)での初日で、宿の周りでの探鳥となった。宿はこんな感じで秘境ムード。左、部屋の棟、右がレストラン棟。

陸路なしの宿なんで当然、電気は自家発電で時間も午後6時から9時くらいまで。最初に与えられた部屋なんて電灯もなかったのでトーチで灯りをとってとっていた。

老人にはキツイということで部屋を変えてもらいました。

翌日、朝6時から宿の庭で探鳥。目立った大きな鳥三種を紹介しておきます。

全部普通種と言いながら結果的にはそれほど回数はみていなかった。

Blue-throated Piping Guan (アオノドナキシャクケイ)

Spix’s Guan (アマゾンシャクケイ)

Speckled Chachalaca(ブラジルヒメシャクケイ)

全部和名はシャクケイがついている。Guan と Chachalacaとどう違うのかよくわからないです。あまり、人間を恐れない鳥なんですが、狩猟対象にはなっていなかったのかな?

宿のレストラン棟の前には大きな木があって、この鳥が多く巣を作っていました。

Yellow-rumped Cacique (キゴシツリスドリ)

この巣を狙って、オオハシとかチュウハシが来るときもあるんだそうですが、それは見ることができませんでした。

また、そのツリスドリの中に1羽(1番?)この派手な鳥が営巣していました。別の宿でもそうだったのですが共生しているんでしょうか。

Campo Troupial (カンポムクドリモドキ)

また、アマゾ流域ではハチドリフィーダーも、バナナフィーダーもありませんでした。餌が豊富にあるということで、集まらないのでしょうか?そんな中、庭にいたハチドリを2種。

Rufous-breasted Hermit (ムネアカハチドリ)

Fork-tailed Woodnymph (エンビモリハチドリ)

今日の最後に普通種の猛禽を1種

Roadside Hawk (オオハシノスリ)