水場近くの草原にいたフクロウ

カオヤイ近くの水場での撮影を終えて、水場周りの草原で、ガイドがスペシャルなShrike(モズ)を探そうということで、車で草原を流したことを書きましたがその時に見つけたフクロウです。ただ、もう日暮れの空抜けで、良い写真ではないです。

Spotted Owlet (インドコキンメフクロウ)

草原の鳥見を終えて宿に向かう途中でガイドがみつけたんですが、1シーンだけ。もうかなり暗かった。でもなんとかピントは合っていたようです。

Asian barred owlet(オオスズメフクロウ)

 

Palawan(15) OWLの2

Spotted Wood-Owl (マレーモリフクロウ)

Purple-throated Sunbird を撮影したレストラン周りのマングローブの中の林にいたのをガイドがみつけました。え~、そんなとこよく見つけるねという能力。でも、みんな撮影できるように見えるとこに引っ張り出すねといって引っ張り出しましたが、もう暗くて。

Palawan Frogmouth (パラワンガマグチヨタカ)

プエルトプリンセサの市街にいました。ガイドと少年が探してくれました。だいたいの居場所は分かっていたようです。

Palawan(14)OWLの1

Mantanani Scops Owl (ボルネオコノハズク)

下の地図のように、暗い中ボートに乗って行きました。僅か、15-20分くらいで島は近いです。内海なんで、そんなに波は高くなかったです。私有地なんで、所有者の許可とボートの手配が必要ですが、これはガイドが簡単にしてくれました。

♂と♀。フクロウ類でこれだけオスメスで大きさが違うのは珍しいかも

撮影場所はこの湾に見えている小さな島。この鳥、島にしかいません。この島だけというわけではないのですが、ボルネオとこの辺りの小島に。子育てして育った鳥は、一旦陸地にあがり直ぐに島に渡り縄張りをみつけるのでしょうか?不思議です。