20日のWaigeo探鳥

この朝から本格的に鳥見開始。3時半に起きて、4時朝食、4時半に出発。

ガイドの話では、3箇所の急坂を過ぎればあとは大したことないという話だったけど、そもそも、山に入って行く入り口までの舗装道路だけでもそこそこの距離がある。それからの坂道なので疲労困憊。途中で夜の鳥を探しながら。

私は途中でで疲労困憊していると見破られて、荷物を途中でもってもらいました。で翌日から、ポーターを雇うこちにしたのですが、feathercollectorさんを除いて全員が雇うことになりました。

やっとのことで、Wilson’s BOP(アカミノフウチョウ)のハイドについて、「よーし、撮影するぞ」と気合が入ったのですが、これが空振りでした。

現地ガイドが別のハイドを見に行ってくれてそちらには出てきたというので、翌日はそのハイドにいくことになりました。でも、そのハイドは更に遠いポイントにあるのでもっと早く出発しないといけないことになりました。

当日は、もうBOPの時間には遅いので、普通に探鳥でした。

最初は、何か長い嘴のハナドリが。これはあとでユックリ同定コースですね(Srongのと同じ種かな、別種?)。

そのあと、毒をもった鳥として有名な Pitohuiが出てきました。地味だな~この鳥、色と棲息地からRaja Ampat Pitohui(Rusty Pithuiかも、それだとサビイロモリモズだけど和名に該当がないアンパットモリモズと勝手に名前をつけたりして)ということにしました。

Hiroさんが何か大きな鳥が飛んで行ったと言った方向にグレーの鳥が見えるんですが、Western Crown Piegeon(カンムリバト)がとガイドが。それは大変と必死で撮影しようとしたのですが、頭が枝被りで結局どうしようも無かったです。赤い目は見えても、肝心のカンムリがみえない。Fcさんは何とか抜ける場所を見つけて撮影できたようですが

その後は、Lowland Peltops(クロアカヒタキ)とか、ハナドリとか2種の鳩とパプアシワコブサイチョウなどを撮影した。

Olive-crowned Flowerpecker(ムネアカハナドリ)

Mimic Meliphag(オリーブキミミミツスイ)

Great Cuckoo-Dove( マイヒメバト)もっとキッチリ撮影したかった鳩です。

崖の見晴らしの良い場所で鳥見しながら休んでいた時の撮影です。

Pinon Imperial Pigeon(アカメミカドバト)

Blyth’s Hornbill(パプアシワコブサイチョウ)

カラスのようなものだけど、Brown-headed Crow(チャガシラカラス)

本来なら、宿に戻ってシエスタの予定となっていたようであるが、Red BOPのポイントまでまた、山を登って来る予定というので、流石にそれでは体力がもたないということで、昼食を持ってき来てもらいRedまでの時間は木陰で休むことにしました。昼食後Redの場所に行って昼寝していました。

Redの時間は午後4時ということなので4時間近く休むことになりました。

しかし、この日はRedは来たものの踊らず、このポイントは良くないということで明日は別の場所でということになりました。この日はWilson’sとRedの2つともに外し、この先どうなるやらとやや不安が過るし、明日はもっと歩くことになると思うと気が重くなってなってきました。

5時くらいでRedを諦めて宿に向かいながら、探鳥。枝被りのGlossy Manucode(テリカラスフウチョウ)と思われる鳥が。自信ないけど。

低いポイントになって来たら、オオハナインコが彼方此方に。ガイド曰く、こんな:Eclectus Parrot (オオハナインコ)いる場所は他ににはないとのことで、勘違いしないようにとのことでした。でも本当に、日本のカラスと同じくらいいたような感じでした。

最後の最後に、Red BoP の幼鳥が!というので追っかけたのですが、ターゲットがよく分からず、インコを撮影してしまいましたが、よく見ると、写真の下の方に写っています(超証拠写真)。また、インコも何だかよく分からんけどRainbow Lorikeet( ゴシキセイガイインコ)かな。

ということでこの日はターゲットが撮影出来ずどっと疲れた一日となりました。