Red-headed Trogon

Puff-throated Babbler(ムナフジチメドリ)を撮影した後、さらに森を歩いていると、ガイドが声を聞いたようで、その声を求めて探す。Red-headed Trogon (ズアカキヌバネドリ)だという。

ターゲットバードとしてリクエストした鳥。リクエストしなくても声を聞けば真剣に探す鳥なので、静かについて来るようにいわれました。

なかなか抜ける場所がなかったけど、やっとのことで撮影できました。

10/19 Explorer’s Innに戻って

前の投稿で、Explorer’s Innに戻ったことはアップしましたが、午後に戻ってチェックイン後、宿の敷地での探鳥となりました。特に行く予定もなかったので。

部屋の前に

Thrush-like Wren(シロサボテンミソサザイ)

その近くで見たかった、Tanager(フウキンチョウ)が出てきましたが手強い相手でした。腹打ちショットばかりでした

Turquoise Tanager (トルコイシフウキンチョウ)

で庭を歩いていると私の前に真っ赤な腹が

Blue-crowned Trogon (ズアオキヌバネドリ)

他にも撮影してますが、まともなものはありませんでした。

その日は早く切り上げて宿の夕焼けでも撮影しようかということになりました。

19日は、そんなことで見ることができた鳥は少なかったのです。

Black Vulture
Harpy Eagle
Blue-crowned Trogon
Chestnut-winged Hookbill
White-throated Antbird
Rufous-fronted Antthrush
Streaked Flycatcher
Violaceous Jay
Orange-backed Troupial
Turquoise Tanager

10/18,Collpas Tambopata Innでの探鳥

Canopy Towerから宿に帰って探鳥しました。また、次回に紹介する午後の水鳥を中心とする上流での探鳥から戻ってからの宿での探鳥もここで紹介しておきます。

宿の船着き場

一応レストラン(常設のが工事中になったので仮設となりました)

宿の風景

宿の敷地にいた猿。

Rufous-capped Nunlet (アカボウシアマドリ)

Green-backed Trogon (ハグロキヌバネドリ)

White-lined Antbird (ズアカアリドリ)