Whitehead’s Trogon;ノドグロキヌバネドリ

 

地味鳥から一気に派手派手鳥を紹介しましょう。

キナバル山公園にこの鳥はいますが、簡単には見られないと思っていました。が、探鳥ポイントについて直ぐにガイドが至急来いと手招き。この鳥が止まっていました。真っ赤なのでよく目立つこと。ビックリです。

最初、♂だけかと思ったら、次に飛んで行った先に♀もいました。これが近い。1つの枝に♂♀ともにいたのですが1フレームには入らない近さ。これ以上の状況ではもう撮影の機会もないと思われるのですが、♂がチョット。SSが1/40だったので少し動体ブレか?それとも焦っていたのでしょうか?

それでもBest Shotには違いありません。同行のFeathercollectorさんのBlogでは

ちなみに、このノドグロキヌバネドリの英名「Whitehead’s」ですが、イギリスの自然探検家John Whiteheadに由来しています。

そして、ボルネオにはこのノドグロキヌバネドリ以外にも「Whitehead’s」を冠した鳥が2種います。Whitehead’s BroadbillオオミドリヒロハシとWhitehead’s Spiderhumterゴマフクモカリドリ。

これらを1つの旅の中で全部見ると、「Whitehead’s hat trick」という栄誉?を与えられます。

と紹介されています。

足輪がついているのが気になりますが、この鳥以外にも足輪のついた鳥がいました。ここでも、管理する必要な個体数になっているのでしょうか。

Javan Trogon; キノドキヌバネドリ

スマトラ固有種のキヌバネドリです。bule-tailed trogon ともいうようです。この表現だと色が分かり易いです。でも、前からは何とか撮影できましたが、後ろからの写真がありませんので尾の色がわかりません。

赤いキヌバネドリはいるけど、黄色のはアジアではこのキヌバネドリだけだそうです。やはりこの鳥も1000-2500mに棲息する鳥だそうです。

ヒイロサンショウクイ、バラエリキヌバネドリ

今回は、真っ赤な鳥2種を

ここの、キヌバネドリは、赤い色ばかり。これが三種目のキヌバネドリ。だた、朝霧の中で撮影したので、粒子があらいシャッキリしない写真。しかも、ワンチャンスでした。

ヒイロサンショウクイは、ボートクルーズと最終日に撮影したんですが、両方ともに遠かったです。また逆光でした。

アカエリキヌバネドリ. Red-naped Trogon

前回のコシアカキヌバネドリの近くにいたキヌバネドリです。コシアカは23.5-26.5cmに対しアカエリは31.5-34.5cmと大きいです。

目の当たりが一寸へんですが、腹の赤と首輪の白は綺麗ですね。

おおきな虫を咥えていました。珍しいと思うか気持ち悪いと思うかどちらでしょうか?

コシアカキヌバネドリ(scarlet-rumpe trogon)

この鳥も今回2回目。鮮やかな色のキヌバネドリです。ここには3種のキヌバネドリが住んでいて、今回3種ともに撮影できました。其の中でこのキヌバネトリが一番小さいのです。最初に出会った時は雷に撃たれたような感じでしたが、2回目でも感動しました。

頭が茶色だけど、光のかげんでしょうか?

 

ヤマキヌバネドリ(Orange‐breasted Trogon)

キヌバネドリって素敵ですね。まだ、2種目なんですけど。コシアカキヌバネドりはすごく派手だったのですが、この子はシックですね。

最初はこんなもの。これでも仕方ないかなと思っていたのすが。

でも、画面いっぱいに出てきました。

正面からも

少し遠目で、いい雰囲気です

タイには6種まだ2種目、それにケツアール(カザリキヌバネドリ)も見たいな!

 

 

コシアカキヌバネドリ(Scarlet-rumped Trogon)

この鳥も、今回のターゲットの一つというか、キヌバネドリならなんでも良かったのです。

アリゾナで「ウツクシキヌバネドリ」が見られなかったのが残念で、今回は何かキヌバネドリを撮影したかったのです。

アリゾナでは、マデラキャニオンには行ったのですが、もっと見られる確率の高い場所にいかなかったので半分は諦めていたのですが、後ろ髪引かれた思いが残りました。

Krung Chingのトレイルで遂に撮影できました。コシアカキヌバネドリ(Scarlet-rumped Trogon)最初に私が見つけ、ガイドが撮影できるポイントを見つけてくれました。

2回目は枝被り、これ枝被りでなければいい角度なんですが。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

それでも、トレイルの脇で至近距離でもう一度撮影できました(ノートリです)