Machu Picchu (マチュピチュ)へ

10/25 早朝 5時40分に受付開始6時05分発のマチュピチュ行きの列車に乗りました。全部のツアー込で予約したのでマチュピチュへのツアーも入っていたので、マチュピチュツアーがいくらかは詳しくは知りませんが、オリャンタイタンボへの列車の料金は片道55ドルのようでした。また、マチュピチュの駅から遺跡入り口までのバスが片道24ドル、入場料金が152ソル(ドルではなく現地通貨のソル)。これに、今はガイドを付けることが必須になってます。なので、マチュピチュツアーは高いのでしょう。

朝起きたら雨 (泣)・・・スーツケースは宿に預けてカメラなどの手荷物だけで乗車です。遺跡には、大きなバッグでは入れない。まあ、標高そんなに高くないといっても2000m超えており、坂も多いので遺跡内を歩くのは結構疲れます。

朝のオリャンタイタンボの駅

待合にはコーヒーショップらしきものがありました。

列車はこんな感じで乗り込みます

列車内です。席の間は広く余裕あります。当日は雨だったので車中からの風景が駄目でしたが、マチュピチュに向かって左の席が川沿いになるようで、左の方が良い景色が見られるようです。ツアーだと選べないので、左だったらラッキーということのようです。まあ、右側だったのですが。

車窓からの風景も雨で霧で(泣)(泣)・・・

マチュピチュの駅に到着。ここでバスに乗り換えます。川沿い道路の方にバス停がありました。

バスからの風景もこんなんで、こりゃ駄目だな・・ということで早くも諦めモード。

定番のマチュピチュの遺跡写真。まあ、雨と霧で (泣)(泣)(泣)

コンドルの神殿のコンドルの岩だけ載っけておきます。

一生に一度は行きたい遺産のNo1かなんかになっているようですが、観光客(私もその一人ですが)が多すぎ。私の評価は、まあ絶対にいきたい場所には全く入らない。そんな絶景ではない。遺跡の価値も他の比べて??(比べることは意味ないでしょうが)。そんなに感動はなかったです。

インカは、文字がなかった文明なんで謎が多いというか(記録用に紐の結び目を使った「キープ」とかいうものはありますが)。なので、遺跡がなんのためのものだったかも諸説あります(笑)。ということで、想像が膨らむことはあるかな?

マチュピチュに戻って昼食。

帰りの列車は16:22発だったので、その間少し探鳥を。霧に雨では、日照不足でだめですね。鳥の出も悪かったし。

Andean Motmot(タカネハチクイモドキ)

Slate-throated Whitestart(ベニイタダキアメリカムシクイ)

オリャンタイタンボには6時くらいに到着、駅近くの前泊したLodgeに戻ってスーツケースをピックアップしてクスコの宿に到着したのは8時半くらいになっていました。

一応バードリストを

Common Moorhen
Andean Motmot
Torrent Tyrannulet
Black Phoebe
Tropical Kingbird
Slate-throated Whitestart

 

Ohio 探鳥 番外編

5/9に探鳥は終了したのですが、最終の宿泊地がクリーブランドだったので、2日間延長してナイアガラの滝にドライブで行ってきました。

5/10-クリーブランド・・・ナイアガラ(カナダ)泊 5/11ドライブでデトロイトへ

ナイアガラは、街が観光地化していて興ざめな場所が沢山ありましたが、滝の水量は物凄くこれは迫力あり、ボートツアー、滝の流れ口からの眺めなどを堪能してきました。

ナイアガラは、クロワカモメのコロニーになっていて、ビックリするほどのかもめ  が営巣?していました。なので、滝とかもめという絡みで良い写真が撮影できないかなということで翌日の朝、撮影してみたんですが、これはなかなか上手くいきませんでした。

前日に、ナイアガラの近くに探鳥地はないものかと調べていたら、デトロイトに向かう途中にちょっと寄り道すればポイント・ペリー国立公園という場所があるというので行きましたが、当日は、10度以下の曇りから小雨という最悪のコンディションんで1時間半ほど探鳥しましたが、3種類のアメリカムシクイと多分Song Sparrowが見られた程度でしたが、このコンディションで3種なんで、多分条件が良ければ良い探鳥地なんだろうという印象でした。

以上の記録を写真で紹介してみます。

Ohio 探鳥最終編 ハイライト

5/9最終日の記録です。ドライブの記録は以下の通り。朝、Magee Marshのある公園近く(同一の公園かも?)オタワ自然保護区でシギチの観察後、シロフクロウを撮影、最後に宿近くのEast Harbor State Parkに行って、クリーブランドのハンプトンインまでロングドライブでチェックインし、ガイドと最後のディナー。

早朝のシギチの紹介から

Trumpeter Swan:ナキハクチョウ

そのインビテーショナルセンターでは、バードフェスのグッズを売っていていたので、ガイドが連れて行ってきました。ガイドとしては、地元に少しでも貢献してねといったとこかな。

そこには、こんな燕の巣がありました。まあ写真にはならないけど記録ですね。

Greater Yellowlegs:オオキアシシギ

Lesser Yellowlegs:コキアシシギ

他には、Dunlin:ハマシギやLeast Sandpiper:アメリカヒバリシギやBlack-winged Stilt:アメリカセイタカシギが。他にも

Semipalmated Plover:ミズカキチドリが数羽。渡りの途中で

その後、2種のカイツブリを撮影して、また近くの場所でアメリカムシクイを探しました。

Cape May Warbler:ホオアカアメリカムシクイ

Black-throated Blue Warbler:ノドグロルリアメリカムシクイ

Northern Parula:アサギアメリカムシクイ

そして最後のアメリカムシクイとなった

Hooded Warbler :クロズキンアメリカムシクイ

このムシクイの撮影は苦労した、たまたまだけど、枝被りの場所ばかりに出てきて、やっとこMFで撮影できた。

Snowy Owl:シロフクロウ

本当にこんな時期にいるのと思ったけど、ここだけではなく2日後のカナダでもみました。農場にいたのですが、その持ち主がそこの庭に20分だけという条件でバーダーの車の停車を許していました。

最後にチェックアウトの後East Harbor State Parkに行っての探鳥。

Brown Thrashers:チャイロツグミモドキ

White-crowned Sparrow:ミヤマシトド

クリーブランドまで2時間かかるので、4時くらいで今回の探鳥は終了となりました。