ケアシノスリⅠ

ケアシノスリ

チョット遠かったけど、ケアシノスリ撮影に1/14の日に行ってきました。

9時くらいに到着したら誰もいない。ふと、見たら別の場所にカメラマンが集結しているようなので、そっちの方にいくと沢山のカメラマンがいました。

しかし、普通のノスリしかいない?抜けたかも?30分ほど待っていると、地元カメラマンが少しづついなくなっている。変だと思っていたら、最初に行って誰も居なかったポイントに出ているというので、また、そちらの方に移動。

今回は、そのポイントで撮影した写真を。空抜けの写真ばかりですが、上空を飛んで行ったこともありました。

ケアシノスリ

ケアシノスリ

ケアシノスリ

ケアシノスリ

ケアシノスリ

義父が95歳で天寿を全うされました。そんなこともあって1/5から1/14までは鳥見をお休みにしていました。

 

 

シジュウカラガン

シジュウカラガン

12月に千葉の東の方にシジュウカラガン(亜種ヒメシジュウカラガンともいわれていた個体)がでているとは聞いたんだけど、一度は当地でかなり前に、また、伊豆沼でもみているので、まあいいかとスキップしたんですが、下道で1時間ほどで行ける場所に出てるとの情報が。

最初は千葉の東のが飛んで来たとのいう説もあったんですが、どうも別個体でした。

そんなんで1/5にちょこっとだけ行ってきました。メチャ近い。こんなに警戒心なしで良いのというくらいの距離での撮影。こちらが何をしても知らん顔。スマホでも撮影できそうな個体でした。

シジュウカラガン

シジュウカラガン

この鳥と一緒にコハクチョウとコハクチョウ(それともオオ?)の幼鳥がやって来ていました。何処からきたんでしょうかね?

コハクチョウ

コハクチョウ(オオ?)幼鳥

アー( ;∀;)ハイチュウ♂

 

ハイチュウ♂

1/4のシノリガモのあと飯岡漁港に。12月中旬にシノリガモが至近距離で撮影出来るという噂があったので寄ったんですが、まあ、情報は旬のうちにでしょうか、既にいなくなっていました。

その後、ハイチュウのポイントに行ってきました。まだ正月休みだったんでしょう、凄い数のカメラマン。

隣ののCMに聞いたら、目の前に二番穂の田んぼの中に降りているというので期待したんですが、到着後3時間くらいたって、急に飛び出しました。それは良いのですが、お尻をこちらに向けて一直線に遠くに

2-3枚ピントがあったけど頭が写っていませんでした( ;∀;)アイキャッチの写真です。

遠くにいってしまって少しとんでいる様子がうかがえたので、その地点と思われる場所に行ったのですが、いなくなってしまったので、少し待ったのですが、結果は単に待っただけでした。

少しの救いは、カラスに追われて猛スピードで飛んでくる小さな猛禽が。この大きさ、このスピード。コチョウゲンボウと思って撮影しました。後での確認ですがやはり、コチョウゲンボウでした。例によって超トリミングです。

コチョウゲンボウ

コチョウゲンボウ

コチョウゲンボウ