9月、10月葛西臨海公園、浦三番瀬

ヨーロッパトーネン

葛西臨海公園、新浦側の三番瀬での撮影

9月から10月にかけての浦安側の三番瀬で撮影した鳥を忘れないうち紹介しておきます。今年は、森系の渡りの鳥が寂しく、あまり力を入れて探さなかったこともあり、MFの葛西では、森の渡り鳥の撮影はできませんでした。

キリアイ・・葛西臨海公園

そんな寂しい葛西臨海公園でしたがシギチはキリアイが出て来て、楽しませてくれました4日間くらいの滞在でした。なんとかその期間に間に合いました。

三羽いたようですが、別々に出て来て、1羽はフラッグが付いていたので、付いていない個体と併せて2個体はいたことは確かです。幼鳥のようでしたが、と言っても私には見分けがつきませんが💦

その時には、キリアイの他20羽くらいトーネンが入ってました。

春からいたホウロクシギもその時には滞在していました。

ヨーロッパトウネン・・浦安三番瀬

9月初旬には、ヨーロッパトーネンの幼鳥が出現。綺麗な個体でしたので、数度観察にいきました。近くに寄っても逃げないので近くで撮影できました。今後の識別の為と思って脚の長さ、歩き方など観察したのですが、あまりよく分かりませんでした。・・もっと経験が必要かな。

その幼鳥がさったあと別のヨーロッパトーネンが立ち寄ってくれました。他には普通のトウネン、ミユビシギ幼鳥とかソリハシシギ、キョウジョシギなどを撮影しました。

オオミズナギドリ・・・浦安三番瀬の先端

 毎年、10月にはいると、オオミズナギドリが群れで東京湾の最深部に入ってきます。群れとしては、幕張(茜浜から豊砂?)方面の方が群れも大きく、見られる回数もおおいのですが、写真となると浦安三番瀬側からの撮影が良いです。順光で撮影出来る機会があるからです。幕張方面はほぼ逆光なんで。

ただ、今年は数は多かったようですが、なかなか近寄ってくれなくて、チャンスが少なかったです。別のミズナギドリが入っていたら嬉しいのですが、入っていませんでした。

新浦安側の今(11月初旬)

多くの、1万羽?(数は分かりません)スズガモ、少数のヒドリガモ、オオバン、数羽のホシハジロ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリは入っているのですがミミカイツブリ、ビロードキンクロはまだ見つかりません。ウミアイサも♀を見つけたいう話は聞きました。

もう少し時間がひつようかな?昨年は今くらいには既に、ビロードキンクロは入っていたと思うのですが。

 

最初で最後

昨日、MFに行ったけどお昼近くだったので、良い時間ではない。

結局撮影できたのは、桜並木で、キビタキの♀

ジョウビタキの♂ 両方ともダメ写真だけど記録ですね。

Yesterday I went to Kasairinkai park. I arrived at there noon.

Afet all I took pics of Narcissus Flycatcher and Daurian redstart.

But this is the lasttime in this season when I saw Narcissus Flycatcher and the first time when I saw Daurian redstart.

キビタキ:Narcissus flycatcher

今季も葛西臨海公園に何度か行ったけど、キビタキの雄にであったのは3度、♀タイプはもっとおおいけど、年々出会いの機会が少なくなっている。

写真の最後の2カットは、キビタキ♀でなく雄の今季生まれかもしれないな~。ちょっと違和感を感じた個体である。

I’ve seen male of Narcissus flycatcher three times in this season, and female type ones are more common, but the chances of meeting them are getting fewer and fewer every year.

I think that it is possibility the last two photos might be the male one, not female type. I felt that bird was something strange.