ビロードキンクロ

6-AB250657-100

サバクヒタキの数日前に、三日間だけ凄く近くに来てくれました。

2年前にには、毎日フレンドリーだったけど、昨年はサッパリ。今年はどうかな?スズガモの数が数分の一くらい。なんでこんなに少ないの?と思っていたらやってきた。

6-20221125-AB250602

初日は凄く近くで光も良かった。二日目は、曇りで、三日目は風が強くて。

6-20221126-AB260735

でも、波があれたら荒れた時にしか撮影できない写真も撮れる。

6-AB270848-100

6-AB270831-100

飛びものとか、羽をパタパタとかやってくれないけど、そのうちみられるでしょと思ったのだがその三日間だけ。其の後全く見かけない。

毎日とは言わないけどもう少し出て来てほしい。何処にいったのか?

天体ショー参戦

マスメディアが騒がしいので、チョット参戦してみました。

最初は、暗い写真なのでSony SEL200600+1.4テレコンで写していたけど、皆既月食状態では、何かAFが。多分、ISOをもっと上げればよかっただけなのかも。

以下3枚がその写真のもの。月食から皆既月食まで。

DSC05160

DSC05168

DSC05173

 

そう言えば、OM-1に☆空AFというAFがあったのをおもいだした。それで撮影してみたのが次の写真。もっと撮影しているが、この写真は、天王星が月の裏に回る寸前のもの、SS1秒。なので天王星が少し線になっている。

AB080925

AB080928-Edit

☆空AFの使い方がいまいちわからなかった。

その後、月が現れて来る場面では、☆空AFは、上手く機能しない。明るすぎるのか?鳥認識にもどして?撮影。天王星が月から出てくる時間帯撮影したが、写っているのか撮影時には気づかなかったが、後で確認したら写っていた。

AB080955

20221108-AB080955

1日たてば、もう賞味期限切れかな。

 

オオミズナギドリ前編

6-DSC04048-Edit

近所の海岸で10月10日から、それまでは数羽だったオオミズナギドリが群れで見られるようになりました。多分100羽オーバー。

火曜日から土曜日まで連続で出ていました。その間4日間見に行きました。必ず午後の満潮時に群れが海岸近くに近づいてきて、内数羽がオオミズナギドリとしては至近距離に飛んで来てくれました。

6-AA141357-Edit

6-DSC04208-Edit

航路に乗ってもあまり撮影しない普通種ですが、陸から見られるのはまた、別の趣があります。

こんなに通ったのは、他に撮影する鳥がいないというのが一番ですが、オオミズナギドリが航路での鳥撮影の基準となるので、この鳥を確り頭に入れて、航路では他のミズナギドリを探す力をつけることが目的でした。

6-AA151618-Edit

6-AA141333

しっかり観察は出来たのですが、実際の航路に出たらそうなるかな~。

取り敢えず、ウミネコと、セグロカモメとの区別は遠くからでも出来るようにはなりましたが、他のミズナギドリの識別はまだ力不足かな!

6-DSC04376-Edit

オオミズナギドリ

この鳥、どのように移動してるかよくわかりません。八丈航路では2月終わりに乗ってもあまり見られなかったけど、4月以降は急見られる数が増加し、他にミズナギドリが混じっていても、私には分からん状態になる。