小笠原最後の投稿

 

アカアシカツオドリ

9/7 ツアー最終日、早朝5時にデッキに出ると鳥島近辺を航行中。

暫くすると日の出。日の出の見える側のデッキに行くと逆光になってまうので、日の出は見ないで鳥を探す。

この辺りはまだ、小笠原水域。

すると、遠くから5羽鳥が船の方に向かってくる。大きな鳥。全部アカアシカツオドリであった。

アカアシカツオドリ

d780211069f5d1934d0d4d08ef8007c2

アカアシカツオドリ

アカアシカツオドリ

ガイドによると、全部で11羽出てきたらしい。朝日の光のなか、太平洋を悠然と飛び回るアカアシカツオドリの群れ。白色型は、白い色が飛んでしまって、白の羽が良く写っていない。

そんな群れの中にアカアシカツオドリの褐色型の見事な成鳥が飛んできた。白色型も良いけど、この褐色型も見ごたえがあった。

アカアシカツオドリ

b0bbba998eee2c61842c3a7791f61531

アカアシカツオドリ

アカアシカツオドリ

その後は、八丈島をすぎて、八丈航路の鳥に。なのでオオミズナギドリが多い。が遠いし、まあオオミズナギドリは撮影しなくても良いかと油断してたら、トウゾクカモメで飛んできた。気が緩んでいたので撮影出来ず。

12時くらいに東京湾に入ってきたので、これにて今回のツアーの撮影は終了した。

長い、小笠原探鳥記にお付き合いいただきありがとうございました。

メグロ&パパイヤ

6-DSC09413-Edit

ははじま丸欠航は既に記載してますが、自然には逆らえませんし安全第一なんでしょう。

↓ははじま丸

6-IMG20220906071450

おがさわら丸↓

6-IMG20220906073259

母島到着↓

6-IMG20220906093017

そそれで、翌日最終日に7時半発9時半母島着便、12時発14時父島到着の弾丸母島往復。実質2時間1本勝負でメグロを狙いました。

ははじま丸の船上からも、海鳥を狙いましたが、往きではカツオドリ、アナドリ、オナガミズナギドリが撮影できた程度でした。

メグロは母島固有種なんですよ。ガイドがメグロが良く出るポイントに連れていってくれたんですが、パパイアの実というベストポイントに出てきました。

そのポイントに行くまでの坂が結構厳しくてやっぱり、夏に体を動かしていなかったのが影響しているのでしょう。鍛えなおしだな!

メグロ

メグロ

メグロ

メグロ&メジロ↑2枚

でメグロの方は2羽一緒に出て来てくれたり、メジロと争ったりと面白いシーン

もありました。争っているシーンなんて、やったと思って後でチェックすると2種ともに顔が向こうにむいているとかでだめでした。

6-DSC09529-Edit

メジロ

↑メジロ

でも、まあ、写真としては良いかな。

メグロは、母島固有種なんで、母島に来ないと撮影出来ないのです。

オナガミズナギドリ

a412ff49040abd00eafb2493649d2316

チャーター船は、丸1日、陸に戻ら無いでの撮影。御昼も船の上で。

酔わないかな?と思ったけど、大丈夫でした。

cf5886aa4b503287c858630b0c99d3e2

しかし、ミナミジマに上陸出来なくなったくらいでしたので、外洋にも出られなくて、大きな鳥山には当たらないし、シロハラミズナギドリ、オガサワラミズナギドリも発見出来無くて、アナドリとこのオナガミズナギドリの鳥山に2度当たったくらいでした。

f91f14f3056780f33b860fae3e953380

27cd8ad41bfbc6c093a5ecf81dd7a593

残念ではあるけど、此れも自然なんで仕方無いですね!