ヨーロッパトーネン

ヨーロッパトーネン

今年の浦三番瀬は、全く期待外れで、カメラマンも殆どいないです。そんな海岸ですが、ヨーロッパトーネンは、越冬していて、夏羽に変わるまでいてくれるkもと期待しているのですが。

ヨーロッパトーネン

ヨーロッパトーネン

そんな状況なんで、一人で気ままに撮影してきました。ローアングルで、ヨーロッパトーネンの特徴が分かり易い写真を撮影してきました。

近くに、イソシギとハクセキレイもついでに。

イソシギ

ハクセキレイも

白いヒドリガモ

白いヒドリガモ

海で鳥見してたら、ヒドリガモが数羽飛んで来ました。
何か白いな?アメヒかな、イヤ頭だけじゃなく全身白いじゃない?何だこれと思って撮影してきました。
目の周りと、頭にヒドリガモのような模様の痕跡が。
それと、ヒドリガモに近い体型、ヒドリガモと一緒に飛んで来たし。
と言うことで、ヒドリガモの白化個体でしょう。

白いヒドリガモ

白いヒドリガモ

白いヒドリガモ



白化個体って、綺麗だけど目立つので猛禽なんかに殺られちゃうので短命になる可能性が高いと思うので、可哀想で余り好きじゃないのですが、目の前に飛んでこられれば撮影しますよね。

白いヒドリガモ

白いヒドリガモ

鳥枯れのこのシーズン、楽しませてくれました。
ズート居てくれると良いですが、分かりませんね?

アカアシカツオドリⅢ

アカアシカツオドリ

Red-footed booby

アカアシカツオドリは、今日(12/19)も居たようで、長居してくれています。
小鳥と違って、可也気まぐれで、出るかどうか、出る時間も不規則。
潮と少しは関係がありそうなんですが?よく分かりません。

もう、何度かよったことか。腕も悪いのですけど、朝方は、光が最悪。堤防方向は逆光で。

で、曇に行った時が一番光が良かったです。

亜成鳥

アカアシカツオドリ

アカアシカツオドリ8-red-foot-56

アカアシカツオドリ

アカアシカツオドリ
茶色の幼鳥と思われる個体と、亜成鳥。茶色の方は、出が更に悪く、今一の写真ばかりです。

褐色、幼鳥?

アカアシカツオドリ8-red-foot-36

アカアシカツオドリ

いる間に通って、良い写真を撮影したいものです。

ツーショット

アカアシカツオドリ-red-foot-21