近所の鳥

キョウジョシギ

昨年の近所の海岸での探鳥記録をみると、ハマシギ、ミユビシギ、キョウジョシギ、チュウシャクシギに交って、数羽のトウネンが渡って来ていたようであるが今年は、やっと、チュウシャクシギとキョウジョシギの群れは渡ってきているが、何故か、ハマシギとミユビシギの群れが渡ってこない。

キョウジョシギ

キョウジョシギ

少し離れた海岸には、ハマシギ(数羽のミユビシギの冬羽が混じっていた)は渡ってきてるようだけど、数が全くすくない。ミユビシギの赤い夏羽も見たいものであるが、今年はまだみていない。

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

取り敢えず、そんな場所で今年撮影した、チュウシャクシギとキョウジョシギ。

コオバシギⅡ

コオバシギ

火曜日に三番瀬に行ったけど、網の向こう側でしか撮影できませんでしたので、ちょっとフラストレーションが溜まっていたので、金曜日に抜けたかもしれないけど、知り合いが行きたいというので、午前中一本勝負で行ってきました。

7時過ぎが満潮なんで9時過くらいに着けばよいかと思っていきました。

既に干潟が網の前に出てましたが、ハマシギの群れで、コオバシギはまだ杭に1羽止まっていたのを確認しただけでした。

コオバシギ

コオバシギ

コオバシギ

コオバシギ

その日は、潮干狩り客が入っておらず、カメラマンも心得た人ばかりで、干潟に入らず、とりまくように岸に方でジット待っていました。

すると徐々に他の鳥が入ってきて、ついにオバシギの群れが13羽で入ってきました。・・今年は何か違う、なんでこんなに入ってくるの?しかも1週間もいるし。

コオバシギ

コオバシギ

9時半くらいから11時くらいまで、順光側に回ってユックリ撮影できたので良かったです。

メダイチドリ

メダイチドリ

先週日曜日に、コオバシギを撮影に三番瀬行った時メダイチドリはいたけど、撮影できませんでした。

三番瀬にコオバシギがいなくなったようなので、その日は谷津干潟に現れないかと思っていきました。

しかし、コオバシギは見つけることができませんでした。そこにいたのは、多数のハマシギとメダイチドリの群れでした。

メダイチドリ

メダイチドリ

サルハマシギやオオメダイチドリはいないかなと思ってさがしたんですが・・・・何か、サルハマシギじゃないのとか、オオメダイチドリじゃないの?という疑惑の子がいたという人もいたんですが??でした。

メダイチドリ?

オオメダイチドリの方はこの子が疑惑の子だったようですが、遠いし、横むいている姿を撮影できなかったので全く判別できずでした(地味目の色、胸の幅がそうかな?でもクチバシの大きさが分からないし。やっぱちがうな?)。