不作のムギマキ遠征前編

6-DSC04621

二年前の戸隠のムギマキ遠征は、良かった。昨年は、行かなかったけど不作だったようです。
なので、今年は良いかも知れないと思い行ってきました。
全国旅割も有ったので、それを利用して。
という事で、10/21-22の2日間の遠征でした。
行って見たら、ムギマキのレストランとなるツルマサキの実の着き方が良くない。先陣のCMに聞いた所全く不調とのこと。
それで、奥社、植物園ではなく、キャンプサイトに移動しました。
何か、その日の朝に♀か幼鳥か?が出たようであった。
C Mは多かったけど、撮影できたのは、
キビタキ。

6-DSC04742

6-DSC04763

6-DSC04736

6-DSC04862-Edit

エゾビタキ
戸隠でエゾビタキ撮影したの初めて。何かおかしい。

6-DSC04706

6-DSC04778

あとは、コゲラ(写真なし)、コガラくらい。日暮れまで粘ったけど結局、ムギマキは現れ無かった(T_T)。

6-DSC04835

6-DSC047996-DSC04818

ジュウイチ

6-AA170052
 
 ジュウイチ 若鳥 Northern Hawk-Cuckoo
 
10/17 昼過ぎに情報聞いたので、夕暮れ近くの3時過ぎに現場に。既に撮影し終わったことに加えて、雨模様だった為か、CM 殆どいなかった。でも探してくれた人がいて。超感謝。取り敢えず6人くらいで、その鳥が飛ぶ先を探して20分。
 警戒心強いのか、直ぐに飛ばれる。それでも数シーン撮影できた。
この鳥ライファーだったので良かった。
6-AA170014-Edit
 
6-AA170018-Edit
 
 取り敢えず一回撮影したので安心したので、晴れたらと思って翌々日に行ったら抜けていた。前日はご機嫌だったようだ。まあ、こんなものでしょうか。
 飛んでいく前日は、栄養をつけないといけないので、ご機嫌になるようだ。
6-AA170048-Edit
 
 
 
6-AA170186-Edit-Edit
 
6-AA170223-Edit
 この鳥、トケンだけど、猛禽に近い顔つきをしているのが特徴かな。
 
 何故か、東南アジアでは、オオジュウイチ、Large Hawk-Cuckoo しか会って無い不思議。何処にいるんだろうか?

オオミズナギドリ後編

6-AA141112

4日間で延べ1万枚以上も撮影してしまいましたが、残ったのは1/10以下。いや、もっと削減できるというか、そんな良い写真はないですが。

自宅近くで撮影したミズナギドリは、他では撮影出来ない写真があります。停泊している船(バックは陸地)、とか幕張新都心バックとかの写真です。

6-AA140830-Edit

6-AA151846

また、この季節、釣りやではないのでよくわかりませんが、青物の魚が多く回遊しているのではないかと思います。それを狙ってオオミズナギドリがやってくるという構図ではないのかと推測してます。今年はその群れが近くにで見れて、魚を加えているシーンが撮影できました。

6-AA152022

6-AA152018-Edit

最後に、小笠原のガイドの中村さんは、オオミズナギドリが数が少なくなっていてそのうち、簡単には見られなくなるというのですが。

 

6-AA140837-Edit

6-AA140845-Edit-2

そうならないように。