コシャクシギ

 コシャクシギ

今年、西の方にはこの鳥が沢山入っているとか。下手すると、1箇所に数10羽から100羽って、マジですか。
 結構、レアな鳥に入る部類なんだと思うのですが。
 今年は、何か不思議な年?でも関東には来ない?でも最近、二三箇所に入ったとか?
 ん··でもトライして、いないと悔しいし。そんな時、5羽居るとか。
 じゃまあ、行ってみましょうと言うことで。
 行ったら、あれ?だれも撮影してない、場所違うかな?
 彼方此方探したけど、いないのでその辺りをMFにしてる知り合いに電話で聞きました。
 其れでも、チョット違う場所に行ってしまい、再度、ユックリその当たりを車で流すと、カメラマンの集団を先に発見。鳥探すよりカメラマン探した方が早い。···本当は良く無いけど。
 そんなんで無事到着。

コシャクシギ

コシャクシギ

コシャクシギ

 コシャクシギ

この鳥、葛西臨海公園で数年前に撮影して以来でした。
 しかも7羽で。遠いなあ、と最初は思ったら、2回飛んだ。
 その場所が意外の良かったです。順光で畔が短い草地で雑草の花も咲いていたり、結構近寄ってくれたりで、3時間以上撮影しました。何と4千枚!

    獲物ゲット!!↓

コシャクシギ

8-kosyaku-11 

シベリア-オーストラリアを渡る鳥で、日本は渡りのコースから外れているんだけど。台風1号の影響か?偏西風のコースが影響したのか?分から無いが、関東は特に見づらい鳥なんでこのようなチャンスの時、確り撮影しないと。
 しかし、水辺は、蒸気が邪魔してシャッキリしない写真を量産してしまう。
 今回も、同じような現象起こしてたけど、何とか現像でカバー出来るレベル。
 葛西で撮影したのより良いかも?

Facebook にシェア

“コシャクシギ” への4件の返信

  1. よ、よんせんまい!
    相変わらずそこまでの価値がわからなかった自分が情けないです
    ほとんどチャンスもないですが、金曜日行けば良かったかなぁ…

    おっしゃる通り、可愛らしい草花絡みや水の青色バックなど、素敵な画になって何よりでした。
    私は田んぼ流すというのがまだ難易度高くてできません。

  2. ありがとうございます。
    やっぱり、関東では珍しいのです。コマドリのような鳥は山にいけば撮影できるけど、この手の鳥は来てくれるか、珍しくでている場所にわざわざ遠征しないと撮影できない。佐賀には最近毎年でているみたいではあります。
    葛西に出たのは2015年だったので実に7年ぶりでした。
    枚数は、3時間半くらい撮影し続けたことだと思います。この日は、何故か、だんだん良くなる~で。撮影枚数が結果ふえました。
    willyさんのSonyは連写がきくのでもっと枚数増えるとおもいます。
    でも、これメカシャッターだと直ぐにシャッターの寿命来てしまいます。ローリングシャッター歪が気にならない機種が羨ましいですね。
    この日は、飛びものではなかったので、電子シャッター&クロップでの撮影が多かったです。

  3. うーむ。つくづくすべてにおいて経験が浅いことを痛感します。
    仮に撮りにいけていたとしても、たぶん相応の喜びを感じることはできなかったと思います。そこまで自分が到達できていないので・・
    もったいないけれども、いつかそこまで行けた頃、また出会えることを楽しみに待つとします。ワタクシはコマドリすらまだ見ぬ鳥ですし(笑)
    ちなみに山 さんがいかれた後、数が減ったようです。

    山 さんのSONYは連写は強くないですか?画素数その他はうらやましいのに。SONYは商売うまいですね、ほんと。

    1. 趣味の世界ですから、珍鳥とか見た種の数に拘ら無くて、好きな鳥、見てみたい鳥が優先で良いと思います。
      カモメよりまだ分かりますがシギも未だ苦手です。
      SONYも、ミラーレス独占状態からC,Nに追いつかれつつあるので、今後何処で差をつけられるか、まだ、SONYどっぷりでなく少し様子見してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)