道東最後のアップ

 

オジロワシ

原生花園では、小鳥の他には、オジロワシがシブノツナイ湖の入口に鎮座していた。オジロワシは小鳥を襲うのだろうか?

オジロワシ

また、シブノツナイ湖では、沼のアジサシが飛んでいた。クロハラアジサシかハジロクロハラアジサシか?それとも他のアジサシか、体型ではクロハラ、耳の後ろのヘッドホンのマークではハジロクロハラアジサシ。全く識別不明

?アジサシ

?アジサシ

7/1のお昼までシブノツナイ湖にいたのでそれから、ドライブ途中でランチして、宿(鱒や)の途中ということもあって、小清水原生花園によってみた。

エゾシロチョウ

エゾシロチョウ

エゾシロチョウ

何もいなかったけど、エゾシロチョウが一機に卯かして乱舞していた。昨年6/20に行った時、同様な光景を目にした。今年は、6/29に訪問した時は1匹もいなかったが、7/1に大発生していた。昨年より10日遅い。

また、空を見上げてみたが、オオジシギのディスプレイが全く聞こえない。やはり、時期が遅いのかな?しかし、今回は、鳥が少ないな。

紋別から、羅臼にトンボ返りして、もう一度シャチのチャンスを狙うことも考えたが、ロングドライブになってしまうので止めたが、今思えばそれでも良かったかも。

硫黄山

鱒やに止まっても特に狙う鳥いないし。そこでも。7/2の最終日に林道を流してエゾライチョウを狙ったけど。成果なしであった。

摩周湖

宿は弟子屈なので、摩周湖、屈斜路湖、川湯温泉に近いので、最終日は摩周湖を少しだけ観光して、中標津空港経由で羽田に。

Facebook にシェア

“道東最後のアップ” への2件の返信

  1. 蝶が圧巻ですね、こんな場面に毎年出会われているとはうらやましいです。
    そしてオオジシギ、少し前にコメント書いた時点ではいわゆるシギチの仲間、くらいにしかわからなかったのが、よくよく調べたらなんと面白い鳥なんでしょう。わたしも1回だけ飛んだのを見ましたが、これはぜひ「ズビャークズビャーク」を聞いてみなければ!と思いました。かなり見たい鳥のリストにランクインです。

  2. 蝶は、北海道中でこの時期、一斉に孵るみたいです。
    凄い数なんですが、何故か花の周りには少なくて写真は良いのが撮影出來ませんでした。
    オオジシギ、ディスプレイフライトで急降下。雷のような声。
    面白いです。
    過去、北富士演習場でも見てるのですが。
    此れが、オーストラリアまで渡って行くのも凄いですよね。
    ぜひ、何処で見て下さい。8月は、稲敷あたりに渡りの途中でいるようですけど、其処まで熱心でないので

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)