小笠原最後の投稿

 

アカアシカツオドリ

9/7 ツアー最終日、早朝5時にデッキに出ると鳥島近辺を航行中。

暫くすると日の出。日の出の見える側のデッキに行くと逆光になってまうので、日の出は見ないで鳥を探す。

この辺りはまだ、小笠原水域。

すると、遠くから5羽鳥が船の方に向かってくる。大きな鳥。全部アカアシカツオドリであった。

アカアシカツオドリ

d780211069f5d1934d0d4d08ef8007c2

アカアシカツオドリ

アカアシカツオドリ

ガイドによると、全部で11羽出てきたらしい。朝日の光のなか、太平洋を悠然と飛び回るアカアシカツオドリの群れ。白色型は、白い色が飛んでしまって、白の羽が良く写っていない。

そんな群れの中にアカアシカツオドリの褐色型の見事な成鳥が飛んできた。白色型も良いけど、この褐色型も見ごたえがあった。

アカアシカツオドリ

b0bbba998eee2c61842c3a7791f61531

アカアシカツオドリ

アカアシカツオドリ

その後は、八丈島をすぎて、八丈航路の鳥に。なのでオオミズナギドリが多い。が遠いし、まあオオミズナギドリは撮影しなくても良いかと油断してたら、トウゾクカモメで飛んできた。気が緩んでいたので撮影出来ず。

12時くらいに東京湾に入ってきたので、これにて今回のツアーの撮影は終了した。

長い、小笠原探鳥記にお付き合いいただきありがとうございました。

Facebook にシェア

“小笠原最後の投稿” への2件の返信

  1. たしかに!黒っぽいのも迫力がありますね。力強くて、羽根の一枚一枚がくっきりするからでしょうか、マッチョな感じです。
    最後の一枚のかっこいいこと!
    やはりわたしはどこかに青があると俄然萌えます
    遠征お疲れ様でした

    1. 褐色型は、引き締まって見えますね。
      其れに、褐色型の方が珍しいと思います。
      撮影出来なかった海鳥など不満の残るものもありますが、ひと通りは撮影出来、良かったですね。
      最後まで、みて頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)