網走・紋別の原生花園にてNo3

ノゴマ

引き続き、原生花園で撮影の小鳥

今回は、ノゴマ。野付半島、小清水原生花園でも見当たらなかった。これは昨年もそうっだった。

ノゴマ

ノゴマ

6/30の早朝でも見当たらなかった。ワッカ原生花園では、遠くまで歩いてやっとみられた。凄く近かったけど、花絡みではない。それと、ワッカ原生花園は広すぎる。

ノゴマ

ノゴマ

シブノツナイ湖、オムサロ原生花園では、簡単にみられたし、花絡みも撮影できたので、やはり、この2か所が撮影ポイントとしては良いかな。

ノゴマ

ノゴマ

しかし、シブノツナイ湖の入口付近のハマナスの群生が薄くなっていたのは凄く気になった。

網走・紋別の原生花園にてNo2

2d5b4f8adef3d593eec0bafce2bbf174

原生花園で撮影の小鳥。今回は「ノビタキ」を

ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ

もう子育ておわったのか、今年生まれと思われるお子様も数が多かったです。

昨年は6/20~6/24に訪問した。その時にはハマナスは咲いていなかったので、今回はハマナス絡みの小鳥を撮影したと思って6/26-7/2の日程にしたんだけど。

ノビタキ

確かに、ハマナスは咲いていたんだけど、咲き方がイマイチ。シブノツナイ湖の入口付近は、ハマナスの群生がかなり縮小されたような印象。

ノビタキ

何故・・エゾシカが食べてしまったかも?

ノビタキ

それと、今回はキマユツメナガセキレイが見られなかった。撮影できている人もいるのに。何故なんだろう?

これも自然と思って諦めましょう。

網走・紋別の原生花園にてNo1

オオジュリン

旅の後半は網走・紋別近くの原生花園等で小鳥撮影を行った。

日程は6/30、早朝(キムアネップ岬);掲載済→

ホテルで朝食→ワッカ原生花園→シブノツナイ湖→オロサム原生花園→紋別パレスホテル泊→7/1早朝、シブノツナイ湖→コムケ原生花園→ホテルで朝食(レストタイム)→シブノツナイ湖(昼まで)→サロマ湖畔で昼食→小清水原生花園→霧の摩周湖→硫黄山→民宿;鱒や→早朝:林道→鱒やで朝食→中標津空港にドライブしながら探鳥と観光→中標津空港で昼食→2:50羽田へ

実質的には、6/30のシブノツナイ湖で終了であった(その後、成果なし)。

あまり時系列に紹介しても仕方ないので、鳥の種別に紹介することにする。

初回は、シマセンニュウとコヨシキリを(写真の下に撮影地はシブノツナイ湖)

コヨシキリ

コヨシキリ

コヨシキリ

シマセンニュウ

シマセンニュウ

シマセンニュウ

コヨシキリとシマセンニュウは見分けが!黒い眉がコヨシキリ、サイズやや大きく腹少し太めに見えるのがシマセンニュウ。

オオジュリン♂

オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン♀

オオジュリン

オオジュリン