ヤツガシラ他

6-DSC09659-Edit

予想外に早くメグロをゲットできたので、未だ時間があった。

ガイドが、メグロの撮影はもういいよという方は、ヤツガシラを探しに行きましょうということになったのですが、歩いて10分も掛からない場所にいました。

そこに行く手前で遠くに、オガサワラノスリがとんでいるのを発見しました。ノスリの亜種ですが、どう違うのと言われても、ハテ?

6-DSC09564-Edit

そこは、球技場みたいな場所でしたが、草が一面に生えていて、少し深い。ヤツガシラも遠くて写真としては。

6-DSC09627-Edit

6-DSC09674-Edit

他のメンバーも呼んでということになったのですが、他のメンバーが来る前に飛んで行ってしまって電線に、他のメンバーが来た途端、また別の場所に。

そこから、また別の場所にとんで行ってしまい、3回も飛びもののチャンスあったのに撮影出来ませんでした。・・・・残念

6-DSC09718

6-DSC09731

母島では他に、海岸にセイタカシギ、チュウシャクシギがいました。ここのチュウシャクシギは要注意で、過去にハリモモチュウシャクシギがでたこともあり、地理的にも可能性があるのです。・・当然ただのチュウシャクシギでした。何処か悪そうでしたが、埠頭に居た時に飛んでいきました。

6-DSC09737-Edit

ということでMission Complete

さよなら、母島

 

メグロ&パパイヤ

6-DSC09413-Edit

ははじま丸欠航は既に記載してますが、自然には逆らえませんし安全第一なんでしょう。

↓ははじま丸

6-IMG20220906071450

おがさわら丸↓

6-IMG20220906073259

母島到着↓

6-IMG20220906093017

そそれで、翌日最終日に7時半発9時半母島着便、12時発14時父島到着の弾丸母島往復。実質2時間1本勝負でメグロを狙いました。

ははじま丸の船上からも、海鳥を狙いましたが、往きではカツオドリ、アナドリ、オナガミズナギドリが撮影できた程度でした。

メグロは母島固有種なんですよ。ガイドがメグロが良く出るポイントに連れていってくれたんですが、パパイアの実というベストポイントに出てきました。

そのポイントに行くまでの坂が結構厳しくてやっぱり、夏に体を動かしていなかったのが影響しているのでしょう。鍛えなおしだな!

メグロ

メグロ

メグロ

メグロ&メジロ↑2枚

でメグロの方は2羽一緒に出て来てくれたり、メジロと争ったりと面白いシーン

もありました。争っているシーンなんて、やったと思って後でチェックすると2種ともに顔が向こうにむいているとかでだめでした。

6-DSC09529-Edit

メジロ

↑メジロ

でも、まあ、写真としては良いかな。

メグロは、母島固有種なんで、母島に来ないと撮影出来ないのです。

オナガミズナギドリ

a412ff49040abd00eafb2493649d2316

チャーター船は、丸1日、陸に戻ら無いでの撮影。御昼も船の上で。

酔わないかな?と思ったけど、大丈夫でした。

cf5886aa4b503287c858630b0c99d3e2

しかし、ミナミジマに上陸出来なくなったくらいでしたので、外洋にも出られなくて、大きな鳥山には当たらないし、シロハラミズナギドリ、オガサワラミズナギドリも発見出来無くて、アナドリとこのオナガミズナギドリの鳥山に2度当たったくらいでした。

f91f14f3056780f33b860fae3e953380

27cd8ad41bfbc6c093a5ecf81dd7a593

残念ではあるけど、此れも自然なんで仕方無いですね!