南部タイ最後の鳥

最終日の最後にPhang Ngaマングローブで撮影した鳥です。ガイドが見せたかった鳥が最終日は上手く出てこなく苦労していましたが、この鳥は15分くらいで探して出てきました。

クロアカヒロハシ(Black and Red BroadBill)です。

暗いマングローブで曇り空、時間も4時近く、三脚も開けず、SSも上がらずブレブレでした。

このほかには、オウチュウ、オウチュウカッコウ、レンカク、ムラサキサギ、ツメナガセキレイ、ミドリガラスモドキなどです。見ただけの鳥はもう10数種です。

南部タイの鳥これで終了です。

 

ガマヒロハシとアカメチャイロヒヨ

Krung Ching の公園の初日(探鳥2日目、夕方)に撮影した2種.最初はあまり鳥がいる様子がなくて、と思っていた時に出てきました。なんか地味な鳥だと思ったのですが?取り敢えず撮影,

アカメチャイロヒヨ

クビワヒロハシを撮影した後に群れで飛んで来たのですがいい場所に出てこなかったです。ガマヒロハシ鳥のなる木ですか?

奇妙というか?変わった風貌。

へんなオジサン風

クビワヒロハシ(Black-and-yellow Broadbill)

この鳥は、今回私の中では、ターゲットの1つだったので撮影できて嬉しかったです。

Sri Phang Ngaで最初に出会った個体です。

今回、この鳥が止まる木は常に厳しい条件の場所が多かったですがとにかく撮影できました

嘴が広くて、笑ったような表情が可愛い鳥で他の方のホームページで見て好きになりました。

Krung Ching でも撮影した個体(夕方)

翌々日の朝、撮影した個体です。